LPO対策

LPO対策と直帰率

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。 ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定すると

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。
ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定するといわれています。
アクセス数を稼いでも売上が伸びないのは、ここに原因があります。
つまり、LPO対策を有効に行わなければ、直帰率を高めてしまうのです。
LPO対策を行っているのに売上が伸びないと悩んでいる方は、直帰率を下げる原因を一つずつ解消していきましょう。
サイトが見にくい、文字が多い、目的の情報を見つけにくいといった問題をクリアしていくのです。
見た目でわかりやすく、文字が少ないページ、目的のページまでに移動するページ数が少ないなど、できることは意外とシンプルです。
例えば、マクドナルドのサイトを参考にしてみてください。
最近、マクドナルドではLPO対策を導入して売上アップを図っているそうです。
それだけ、ウェブサイトを確認してから店舗を訪れる人が増えたということですね。
マクドナルドでは店舗販売がメインのはずなのに、ウェブサイトでLPO対策を行うということは、店舗を訪問する顧客とサイトを訪問してすぐに直帰してしまうユーザーとの関係性に注目したということです。
サイトにアクセスしたユーザーの滞在時間を延ばすことで、ハンバーガーが食べたくなる気持ちも高まるというのは納得がいきますね。

LPO対策におけるテスト

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。 どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。 ユーザーが求める商品やサービスを、

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。
どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。
ユーザーが求める商品やサービスを、サイトの目立つところに置くことも大切です。
スクロールしたり、何度もクリックしてページを辿らなければならないような場所に求めるものがあるのは嫌ですよね。
特に、人間は左端からサイトを見るという傾向があるそうです。
左端の上部に売りたいものを置けば、ユーザーの目につきやすいということになります。
ヘッドラインとも呼ばれる見出しは、ダイレクトマーケティング業界では7割がヘッドラインで決まるといわれるほど重要な要素です。
ヘッドラインで大切なのは、商品やサービスの概要よりも利点を述べることです。
次に、簡単に目的を得られるという提案をすることです。
さらに、信頼性を印象づけるということに集中すれば、ヘッドラインの改良は完璧でしょう。
商品やサービスの利点は、ユーザーの立場になってみれば思いつきます。
実際にサイトを見ている気分になって、商品の利点を自問してみましょう。
価格競争が目立つ昨今ですが、やたらと価格を下げれば売れるというものでもありません。
ユーザーが求めるものは、第一に品質が良いものであることを忘れないようにしましょう。


“LPO対策におけるテスト” の詳細は »

LPO対策の7つのポイント

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。 1.選択肢を少なくする。 目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。 アクショ

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。
1.選択肢を少なくする。
目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。
アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。
2.約束を厳守する。
ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。
ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてしまう原因となります。
企業が顧客に与えるブランド価値を構築するブランディングは、必要不可欠です。
3.シンプルさを心がける。
ランディングページの見た目がごちゃごちゃしていると、訪問者に迷いが生じます。
常に同じフォントを利用したり、色を統一するのは最低限の要素です。
4.信頼性を心がける。
顔の見えない世界で取引するオンラインの世界では、ユーザーが不安を抱えやすいものです。
保証を付けるなど、ユーザーに安心して使ってもらえる信頼性を作りましょう。
5.親近感をもたせる。
紹介されている商品などを利用している人が、大勢いることを理解してもらうことです。
お客様の声、有名人の利用などをアピールするという手法があります。
6.目的のアクションを目立たせる。
目的のアクションをしてもらうためのフォームやボタンを目につきやすくすることが、重要です。
7.テキストを少なくする。
端的な文章を心がけ、できるだけイメージから訪問者にアピールするほうが効果的です。


“LPO対策の7つのポイント” の詳細は »

LPO対策の始め方

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。 いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げる

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。
いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げることは不可能なのです。
そのようなわけで、どんなときにもLPO対策は必須となります。
LPO対策でまず必要になるのは、アクセス解析です。
ホームページにアクセス解析を設置して、データの検証を行うことは重要です。
LPO対策は、データ検証→仮説→改善→データ検証→仮設→改善の繰り返しです。
ネットショッピングに例えれば、必要になってくるのは、ホームページへのアクセス数の拡大方法、購入者を増やす方法に対してLPO対策が行われます。
LPO対策を行えば、検索ワードをホームページと関連させて顧客がアクセスしやすいようにできるのです。
外装を変更することで、アクセス数を伸ばすことも可能です。
具体的には、キャッチコピーの見直しやコンテンツの見直し、ユーザーシナリオの作成、リスティングキーワードの設計などによって、アクセス数を伸ばそうとします。
このような検証・仮設・改善を繰り返すことで、ホームページへのアクセス数を増やしたり、コンバージョン率を高めたりするのです。
ネットショッピングに限らず、どのようなサイトでもLPO対策の基本手順は同じです。


“LPO対策の始め方” の詳細は »

LPO対策の実験

LPO対策には、2つの実験方法があります。 ●期限付きテスト 顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。 終了時には、結果から導

LPO対策には、2つの実験方法があります。
●期限付きテスト
顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。
終了時には、結果から導かれた最も優れたウェブページが選択されます。
●期限なしテスト
期間を定めずに、断続的にウェブエージを顧客に表示する方法です。
リアルタイムな集計から、動的に最も優れたページに変更し続けるのです。
LPO対策には、ABテストや多変量テスト、トータルエクスペリエンステストを使用する方法もあります。
期限付きにも期限なしにも適用されていますので、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。
ABテストでは、無料ツールがあるために費用がかからないというメリットがあります。
一方、逐次テストの最中に、キャンペーンやプレスリリース、検索トラフィックの季節性などという外的要因をコントロールするのが難しいというデメリットがあります。
多変量テストでは、エクスペリエンスを最適化する科学的なアプローチという点で信頼性があるというのがメリットです。
しかし、定量的消費者分析の例に漏れず、ゴミを入れればゴミしか出てこないというGIGOになる危険性がデメリットとしてあります。
トータルエクスペリエンステストでは、全ウェブ上の体験を反映して最適化できるというメリットがあります。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191