項目

サイトの見直しでLPO対策

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。 ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。 左上にはヘッドライン

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。
ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。
左上にはヘッドラインがありますから、ここに自分が伝えたい言葉をわかりやすく書き出しましょう。
さらに、ユーザーに混乱させないように、イメージやテキストの必要性を見直してみてください。
ユーザーにとって意味のないコンテンツは、邪魔に思われるだけです。
ユーザーにとっての第一目的は、自分の目的を果たすことにあるのです。
何となくきれいだから、カッコイイからというだけの理由で、サイト内にコンテンツを増やすのは避けましょう。
どうしても見てほしい大事なコンテンツ、優先的に見てもらわなくても良い程度のコンテンツを振り分けして、より見てほしいコンテンツをできるだけスクロールせずに見られる位置に配置してください。
目的とするコンテンツが下のほうにあったり、別のページにあるというだけで、ユーザーは面倒になって立ち去ってしまう可能性があるからです。
サイト内での注意事項は重要事項ですが、最下部に置くようにしましょう。
これは、必要であればスクロールしてでもユーザーが見るものです。
上部に配置して、他の重要なコンテンツの場所をさらってしまうまでもありません。
ただ、かなり重要な注意事項は、要所要所に手短に入れておくことも大切です。

LPO対策の7つのポイント

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。 1.選択肢を少なくする。 目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。 アクショ

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。
1.選択肢を少なくする。
目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。
アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。
2.約束を厳守する。
ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。
ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてしまう原因となります。
企業が顧客に与えるブランド価値を構築するブランディングは、必要不可欠です。
3.シンプルさを心がける。
ランディングページの見た目がごちゃごちゃしていると、訪問者に迷いが生じます。
常に同じフォントを利用したり、色を統一するのは最低限の要素です。
4.信頼性を心がける。
顔の見えない世界で取引するオンラインの世界では、ユーザーが不安を抱えやすいものです。
保証を付けるなど、ユーザーに安心して使ってもらえる信頼性を作りましょう。
5.親近感をもたせる。
紹介されている商品などを利用している人が、大勢いることを理解してもらうことです。
お客様の声、有名人の利用などをアピールするという手法があります。
6.目的のアクションを目立たせる。
目的のアクションをしてもらうためのフォームやボタンを目につきやすくすることが、重要です。
7.テキストを少なくする。
端的な文章を心がけ、できるだけイメージから訪問者にアピールするほうが効果的です。


“LPO対策の7つのポイント” の詳細は »


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191