見直し

LPO対策の始め方

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。 いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げる

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。
いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げることは不可能なのです。
そのようなわけで、どんなときにもLPO対策は必須となります。
LPO対策でまず必要になるのは、アクセス解析です。
ホームページにアクセス解析を設置して、データの検証を行うことは重要です。
LPO対策は、データ検証→仮説→改善→データ検証→仮設→改善の繰り返しです。
ネットショッピングに例えれば、必要になってくるのは、ホームページへのアクセス数の拡大方法、購入者を増やす方法に対してLPO対策が行われます。
LPO対策を行えば、検索ワードをホームページと関連させて顧客がアクセスしやすいようにできるのです。
外装を変更することで、アクセス数を伸ばすことも可能です。
具体的には、キャッチコピーの見直しやコンテンツの見直し、ユーザーシナリオの作成、リスティングキーワードの設計などによって、アクセス数を伸ばそうとします。
このような検証・仮設・改善を繰り返すことで、ホームページへのアクセス数を増やしたり、コンバージョン率を高めたりするのです。
ネットショッピングに限らず、どのようなサイトでもLPO対策の基本手順は同じです。


“LPO対策の始め方” の詳細は »

サイトの見直しでLPO対策

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。 ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。 左上にはヘッドライン

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。
ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。
左上にはヘッドラインがありますから、ここに自分が伝えたい言葉をわかりやすく書き出しましょう。
さらに、ユーザーに混乱させないように、イメージやテキストの必要性を見直してみてください。
ユーザーにとって意味のないコンテンツは、邪魔に思われるだけです。
ユーザーにとっての第一目的は、自分の目的を果たすことにあるのです。
何となくきれいだから、カッコイイからというだけの理由で、サイト内にコンテンツを増やすのは避けましょう。
どうしても見てほしい大事なコンテンツ、優先的に見てもらわなくても良い程度のコンテンツを振り分けして、より見てほしいコンテンツをできるだけスクロールせずに見られる位置に配置してください。
目的とするコンテンツが下のほうにあったり、別のページにあるというだけで、ユーザーは面倒になって立ち去ってしまう可能性があるからです。
サイト内での注意事項は重要事項ですが、最下部に置くようにしましょう。
これは、必要であればスクロールしてでもユーザーが見るものです。
上部に配置して、他の重要なコンテンツの場所をさらってしまうまでもありません。
ただ、かなり重要な注意事項は、要所要所に手短に入れておくことも大切です。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191