目的

LPO対策の7つのポイント

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。 1.選択肢を少なくする。 目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。 アクショ

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。
1.選択肢を少なくする。
目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。
アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。
2.約束を厳守する。
ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。
ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてしまう原因となります。
企業が顧客に与えるブランド価値を構築するブランディングは、必要不可欠です。
3.シンプルさを心がける。
ランディングページの見た目がごちゃごちゃしていると、訪問者に迷いが生じます。
常に同じフォントを利用したり、色を統一するのは最低限の要素です。
4.信頼性を心がける。
顔の見えない世界で取引するオンラインの世界では、ユーザーが不安を抱えやすいものです。
保証を付けるなど、ユーザーに安心して使ってもらえる信頼性を作りましょう。
5.親近感をもたせる。
紹介されている商品などを利用している人が、大勢いることを理解してもらうことです。
お客様の声、有名人の利用などをアピールするという手法があります。
6.目的のアクションを目立たせる。
目的のアクションをしてもらうためのフォームやボタンを目につきやすくすることが、重要です。
7.テキストを少なくする。
端的な文章を心がけ、できるだけイメージから訪問者にアピールするほうが効果的です。


“LPO対策の7つのポイント” の詳細は »

LPO対策の目標

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。 しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。 商品の販売を行っているサイトなら、リ

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。
しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。
商品の販売を行っているサイトなら、リピーターを作って買物を継続的にしてもらえるようなことが目標かもしれません。
自分の目標を明確に持っていることで、LPO対策の方法も定まってきます。
まずは、LPO対策の目標を立てておきましょう。
商品の購買や成約など以外の目標では、会員登録をしてもらう、お気に入りに登録してもらうなどの目標もあるでしょう。
ランディングページごとに目標を決めれば、LPO対策も不足なく行えるでしょう。
商品の販売が目的の場合、商品の利点をユーザーに伝えることが一つの目標です。
商品の訴求なら、購入することでユーザーが得られるメリットをわかりやすく伝えることが目標になるでしょう。
送料や支払方法、手数料、発送方法、返品の特約、アフターサービスなど、購入について詳細ユーザーが知りたい情報を完結に表現することも重要です。
LPO対策の目標となることは、このように一つだけとは限りません。
特に、ランディングページをいくつも持っているような場合は、それぞれのページにLPO対策の目標を設定して目標に向かって最適化していくことが必要です。

WebマーケティングとしてのLPO対策

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。 なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。 そ

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。
なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。
そのため、ランディングページでは、ユーザーが共感しやすい文章や画像で構成して最適化していく必要があります。
ユーザーの目的に応えられるランディングページを作るのが、LPO対策なのです。
例えば、ユーザーが転職先を探している場合を例にしてみましょう。
まずは、LPO対策を実施していないサイトの例です。
あるユーザーが検索キーワードに「転職・新宿」と入力し、あるユーザーは「転職・正社員」と入力したとします。
各ユーザーが求めている情報が、サイトに掲載されていない、あるいは見つかりにくいとなったら、ユーザーはすぐにあきらめてしまうでしょう。
すると、成果には結びつかないために、SEO対策で行った広告費だけがかかってしまうわけです。
例に挙げた2人のユーザーは、それぞれ別の目的を持っているようでいて、新宿で正社員として転職できる仕事を探している場合すらあるのです。
ユーザーの目的を予測して、LPO対策を行うことも必要になってきます。
様々なユーザーの目的に応えられるランディングページを作ることで、成果に結びつけていきましょう。

集客をする意味

お客を集める。 ネットショップを開設する場合に真っ先に考えなければならないのがネット集客方法であると言われています。 しかし、何故そこまでネット集客方法が重要なのでしょうか。 単純にサイトを開設して公開すれば、後は

お客を集める。
ネットショップを開設する場合に真っ先に考えなければならないのがネット集客方法であると言われています。
しかし、何故そこまでネット集客方法が重要なのでしょうか。
単純にサイトを開設して公開すれば、後はユーザーが独自に商品を求めて訪問するからいいじゃないかと楽観的に考えている方もいるのではないでしょうか。
現実世界で考えてみましょう。
ある地域に店舗を構えたとします。
優れた商品を扱い、サービスも充実しているショップですが、全く宣伝を行ないません。
道ゆく人はその店舗に興味すら覚えることはないでしょう。
何せ、そのショップで扱っている商品すら分からないのですから、興味を惹くわけもありません。
ネットショップも同様です。
いかに優れた商品、サービスであっても、そのサイトの存在、扱っている商品を広く宣伝しなければ誰も見向きせずに利益に繋がることはありません。
ネット集客方法とは、自分のサイトのサービスや商品を知らしめ、お客を集めることを目的としています。
しかし、効果はお客を集めるだけではありません。
集めたお客は興味のある商品に対して高い関心を抱き、それが購入意欲となって商品の購入に繋がります。
お客が集まると言うことは、それだけで利益を出す可能性を高めることに繋がります。
だからこそ、ネット起業を考えている場合には、まずはネット集客方法をしっかりと考える必要があると言われているのです。
似たようなショップサイトが多いネット社会において、何もせずにお客が集まると言うことはほとんどありません。
だからこそ、何かしらの対策が必要なのです。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191