検索キーワード

WebマーケティングとしてのLPO対策

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。 なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。 そ

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。
なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。
そのため、ランディングページでは、ユーザーが共感しやすい文章や画像で構成して最適化していく必要があります。
ユーザーの目的に応えられるランディングページを作るのが、LPO対策なのです。
例えば、ユーザーが転職先を探している場合を例にしてみましょう。
まずは、LPO対策を実施していないサイトの例です。
あるユーザーが検索キーワードに「転職・新宿」と入力し、あるユーザーは「転職・正社員」と入力したとします。
各ユーザーが求めている情報が、サイトに掲載されていない、あるいは見つかりにくいとなったら、ユーザーはすぐにあきらめてしまうでしょう。
すると、成果には結びつかないために、SEO対策で行った広告費だけがかかってしまうわけです。
例に挙げた2人のユーザーは、それぞれ別の目的を持っているようでいて、新宿で正社員として転職できる仕事を探している場合すらあるのです。
ユーザーの目的を予測して、LPO対策を行うことも必要になってきます。
様々なユーザーの目的に応えられるランディングページを作ることで、成果に結びつけていきましょう。

ホームページのためのキーワード

ショップサイトなどで売り上げアップを見込んでホームページを作るのであれば、まず真っ先に考えなければいけないのが検索キーワードです。 ホームページはただ作れば誰にでも見てもらえるというものではありません。 特に売り上げアップを考え

ショップサイトなどで売り上げアップを見込んでホームページを作るのであれば、まず真っ先に考えなければいけないのが検索キーワードです。
ホームページはただ作れば誰にでも見てもらえるというものではありません。
特に売り上げアップを考えてサイトを公開するのであれば、不特定多数の人間に見てもらえるような工夫をする必要があります。
多くの人に自分のサイトを見てもらうためには、検索エンジンで検索をしてもらう必要があり、検索エンジン上位に表示されるためには特定のキーワードを登録しておくことが必要です。
検索キーワードを登録するなど検索エンジンの上位表示をされるための工夫をSEO対策といいます。
検索エンジンでは常にボットと言われる自動型のプログラムが巡回をしてサイトを確認しています。
その際に登録されているキーワードなどを読み込み、該当するキーワードで検索をされた際に表示をすると言う仕組みになっています。
実際には遥かに複雑な仕組みですが、単純に言ってしまえばボットが巡回してキーワードを調べて検索結果に反映するというものです。
売り上げアップを期待してホームページを作る場合、自分のショップサイトがどのような特色を持ったサイトであるのか、何を売るのかと言うことを明確にした上でキーワードを登録しておくといいでしょう。
商品に関連のあるキーワードなどを登録しておくと比較的ヒットしやすくなります。
逆にキーワードを盛り込みすぎても逆効果になりますので、出来る限り厳選して登録をするようにしておきましょう。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191