導線

LPO対策とユーザーの目的

訪問してきたユーザーを商品への購入にスムーズに誘導してあげるのが、LPO対策の成功です。 ユーザーが最初に目につくコンテンツは、非常に重要になってきます。 そこでサイトに関心をもってもら

訪問してきたユーザーを商品への購入にスムーズに誘導してあげるのが、LPO対策の成功です。
ユーザーが最初に目につくコンテンツは、非常に重要になってきます。
そこでサイトに関心をもってもらえるかどうかが、コンバージョンの獲得にかかっているのです。
そのためには、サイトにアクセスしてきたユーザーが何を求めているのかを知ることです。
テストしてみるとわかることですが、ひょっとするとサイト側が提供していると思っている目的とは別の目的でユーザーがアクセスしてきている可能性もあります。
間違いがないように最終目的まで到達させてあげるためには、迷いのないサイト作りを目指すことです。
通常は、ある商品などについて知りたい、購入したいという目的で、ユーザーはサイトにアクセスしてくるはずです。
今すぐに購入したいユーザーなら、商品を目にした時点で購入ボタンを押すでしょう。
しかし、それが何クリックもたどったりスクロールしたりする手間を必要としたら、迷いが生じてしまうかもしれません。
商品について知りたいけれど迷っているというユーザーなら、もしもわかりやすい場所に商品の利点が表示されていれば、購買意欲が高まって購入に踏み切るかもしれません。
ユーザーをいかに目的に向けて誘導する導線を張るかは、非常に重要なことなのです。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191