事例

ロングテールSEOでお約束事とは

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。 しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。 SEO対策の内容も時

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。
しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。
SEO対策の内容も時代の流れを経て、その手法を変え現在主流となっているのは、ロングテールSEOといわれるものです。
これまでのSEOとは全く違った方法で、まったく真逆の考えと言えるような手法となりますので、従来のキーワードに頼ったSE対策を続けていた人にとっては、理解し難い内容かもしれません。
アクセス数とあげるためには、必ず行わなければならないSEO対策ですが、より効果をあげる為にも今後は、ロングテールSEOの方法を理解しておく必要があります。
ロングテールSEOを行う上での注意点というか約束事とも言えることがあるのですが、そのポイントを理解し抑えておかなければ、いくら理論通りに行ったとしても全く効果をあげる事ができなくなりますので、注意をしましょう。
現在数多くのサイトが立ち上がり、様々なキーワードを散りばめられた内容の記事が掲載されていいますが、それでは魅力的なサイトとは言えず、アクセス数をこれ以上あげることは難しいでしょう。
ロングテールSEOと行うに当たって、一番重要なポイントはサイトの内容が常にわかりやすく、誠実な内容であることが大前提となります。
キーワードばかりに気がいってしまい、サイト自体が薄っぺらな内容であったり、支離滅裂な文字を並べていたとすると効果を得る事は難しでしょう。
ロングテールSEOの狙いは、いかに質の良いユーザーを集め、リピート率をあげることができるかという点、つまり回転率をより高めることが目的となりますので、ただ闇雲に検索されやすいであろうキーワードを羅列した意味のない内容のサイトを作ったとしても、決してリピーターを獲得するのは難しいと考えられるのです。
盗作はもちろんですが、引用や転載ルールを全く無視した内容のサイトは非常に多く見受けられます。
当然そのようなサイトのアクセスをあげることや、リピート率を高くするのも非常に厳しいでしょう。
それどころか、ルールを無視したということが、誰かの目に止まり、炎上もしくは祭りといった状況になってしまうと、サイト存続は危ぶまれ、終いには閉鎖してしまわなければなりません。
一個人のサイトやブログであっても世界中の方が見ることができますので、真摯な態度でサイト作りをしなければ、確実に消滅してしまうでしょう。
ロングテールSEOは、誠実であるという事が前提となりますので、今一度自分のサイトの内容がどのような状態になっているのかから考える必要があります。

ロングテールSEOとニッチキーワードの検索

SEO対策は、これからロングテールSEOがメインとなっていきます。 これにより、自由に記事を作成できる時代になってくるでしょう。 ニッチキーワードは、ロングテールS

SEO対策は、これからロングテールSEOがメインとなっていきます。
これにより、自由に記事を作成できる時代になってくるでしょう。
ニッチキーワードは、ロングテールSEOで欠かせないキーワードなのです。
これは、「穴場」のことを意味します。
山菜採り、釣りなどで使われる「穴場」と同じ意味があります。
つまり、検索対象を限定するために使用されるのです。
キーワードは、メインとサブが必要なのです。
メインキーワードが主力ではありますが、同じキーワードを使用するライバルサイトが多過ぎるのが難点なのです。
それゆえ、サブとなるキーワードを使用して、条件を絞っていくわけです。
例えば、クーラーを購入するときは、「どのようなクーラーがほしいのか」によって使用するキーワードを変えるはずです。
「メーカー名」「激安」「レビュー」「口コミ」などのキーワードを含めることで、条件を絞ることができるはずです。
すると、検索しやすくなるのです。
ニッチキーワードは、ロングテールSEOでは欠かせないものです。
ロングテールSEOの手法は、自由なサイト制作を可能としています。
文章のなかに無理にキーワードを含める必要性が減るため、ユーザーとしても読みやすくなるのです。
インターネットの本来の目的は、ユーザーにとって有益な情報を提供することなのです。
インターネットの普及により、ロングテールSEOは必須となる対策になったのです。
無理な方法で集客をするサイトが増えたためです。

ニッチキーワードを調べる事から始める

現在のSEOのメインとなっている手法は、ロングテールSEOであると言われおり、サイトやブログを行なっている人が集客をあげる為に利用しているといいます。 ロングテールSEOは、

現在のSEOのメインとなっている手法は、ロングテールSEOであると言われおり、サイトやブログを行なっている人が集客をあげる為に利用しているといいます。
ロングテールSEOは、従来のSEOに比べると内容を重視した濃いサイト作りができるのが特徴ですが、効果を高める為にはニッチキーワドは必要不可欠となります。
初めて聞く方もいるかも知れませんが、ニッチキーワードとはどういったものがあるのか考えてみましょう。
ニッチキーワードとは、つまり、それほど検索されていはいないメインのキーワードとまではいかないけど、誰か必ず検索している可能性が極めて高いキーワードの事を言います。
つまり競合相手は少ないにもかかわらず、検索されている回数は多いキーワードの事をニッチキーワードといいそれを上手に活用することで訪問者の数を増やす事ができるとってもラッキーな単語の事を言います。
検索を利用する場合、メインキーワードをさらに絞り込む時に利用される単語の事がニッチキーワードとなりますが、ロングテールSEOを有効に活用する為には、このニッチキーワードを確実に把握する事が重要なポイントとなります。
例えば、「育毛剤」を探している場合、「育毛剤」というメインキーワードだけで検索をすると膨大な情報が出てきます。
それよりは、メインキーワードである「育毛剤」の他に「ブランド名」、「価格」、「安価」、「効果」、「口コミ」等のキーワードを入力するでしょう。
絞り込みに活用したキーワードこそがニッチキーワードとなります。
ロングテールSEOの考えでは、このニッチキーワードを把握することにより、コアなユーザーを自分のサイトへ自然と集客することができると考えられています。
この考えこそがメインのキーワードに頼ることなく、自由で、内容の濃いサイトを作る事ができ転換率をあげる事につながるといえます。
今後ロングテールSEOを活用しようと考えている人はまず自分のサイトで使われているであろうニッチキーワードを分析することが必要不可欠な作業であるといえます。

ロングテールSEOで守るべき事

検索ワードに頼ったような従来のSEOを利用しても、以前のようにアクセス数を伸ばす事は難しいと言われています。 現在よく利用されているSEO対策としては、ロングテールSEOが有

検索ワードに頼ったような従来のSEOを利用しても、以前のようにアクセス数を伸ばす事は難しいと言われています。
現在よく利用されているSEO対策としては、ロングテールSEOが有名です。
従来のSEO対策は、検索ワードに頼ったようなサイトを作る事を意識しているのですが、ロングテールSEOは、ほとんどその逆の事をしています。
そのため、従来のSEO対策を一生懸命していた人はあまり理解できない部分もあるのかも知りません。
確かに、従来のSEO対策も効果があるのですが、大きな起業や本格的にSEO対策をしている人に勝って、上位表示させるのは至難の業です。
ロングテールSEOでは、サイトの中で誠実になります。
仮に検索ワードをサイト内にちりばめたとしても、その内容が伝わりにくかったり、めちゃくちゃな内容であれば、ほとんど意味のないものとなります。
ロングテールSEOは、リピーターになり得る可能性の高いユーザーを集め、アクセス数にプラスしてリピートしてサイトに来てくれるユーザーを作りだす事が重要です。
ですから、内容を濃くして伝わりやすく作る事もできますし、リピーターを獲得しやすくなります。
誠実なサイトを作るというと一見簡単なようですが、情報が多くある中で盗作や引用、転載、コピーなどをしている場合はサイト自体が潰れてしまう可能性があります。
炎上や祭りと言われているように、サイトが一度荒れてしまうと閉鎖になったりスパム行為として取られ、サイトにペナルティーがかかる可能性がありますので気をつけなければなりません。

ニッチキーワードを調べる事から始める

最近では、ロングテールSEOを利用して、SEO対策をしているサイトが多くあります。 ロングテールSEOでは、キーワードに頼らないで自由にサイトを作る事ができるので、サイト作り

最近では、ロングテールSEOを利用して、SEO対策をしているサイトが多くあります。
ロングテールSEOでは、キーワードに頼らないで自由にサイトを作る事ができるので、サイト作りに専念できます。
ただ、どのようなキーワードを軸にしてサイトを作っていくのかは重要な事となります。
ロングテールSEOで成果を得たいのでしたら、どのようなニッチキーワードを利用すればいいのかについて調べていきましょう。
ニッチキーワードというのは、メインとなるキーワードではなく、そこそこ検索数はあるけどそのキーワードでSEO対策をしているサイトが少ないキーワードの事を言います。
その逆に、メジャーなキーワードと言うと、多くのユーザーが検索するようなキーワードで、代表的な物としては、「ダイエット」が挙げられます。
上位表示できれば多くのアクセスを集める事ができるのですが、上位表示させる事が難しく、競合が多いところを言います。
ロングテールSEOの場合は、このようなニッチキーワードを把握して利用する方法があります。
例えば、扇風機を探している人であれば、「扇風機」とだけ検索する人は多く居ても、ある程度どのような扇風機を買いたいかを決めている人は、他のキーワードも一緒に検索します。
「扇風機」意外には、「メーカー名」「型番」「値段」「店舗」などです。
このようなキーワードで検索される事は少なくても、検索する人は購入したいと考えている可能性が高いので、サイトから購入してくれる可能性が高くなるのです。
ロングテールSEOでは、このようなキーワードでサイトを作っていく事を目的としていますので、自然に購入率も高くなるのです。
ですから、ロングテールSEOを利用する場合は、自分のサイトに使われるキーワードしっかり選んでおくことが重要となります。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191