ロングテール

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

アクセス数に依存しないロングテールSEO

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。 インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。 「面白くないのに、なんで検索上位

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。
インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。
「面白くないのに、なんで検索上位なの」と思えるサイトは多かったはずです。
このようなサイトは、高額な資金をかけて、強制的に検索エンジンの上位表示をさせていたのです。
それゆえ、検索順位と内容が伴わないサイトが多かったのです。
ロングテールSEOでは、悪質なサイトを除外することも可能となるテクニックです。
コアなキーワードを選択することで、大手業者との競争を避けるのです。
そして、確実に見込み客を確保しながら、地道に売上アップを図る方法がロングテールSEOなのです。
アフィリエイトにもロングテールSEOは活用できます。
団体(企業・組織)、商品説明のためには、有益な情報が必要です。
しかし、どんなに有益な情報を提供しても、ライバルが多いと情報を見つけてもらうのが困難になります。
アフィリエイトにロングテールSEOを活用する場合は、商品の使用感、口コミ、コストパフォーマンス、メリットとデメリットなどを紹介するといいでしょう。
大手サイトの場合、検索キーワードに誘導されて、何となくサイトを開いたら、石鹸を販売するサイトだったとします。
石鹸を購入する気がないユーザーは、ページを閉じてしまうことが多いでしょう。
それに対して、ロングテールSEOを実践したサイトだと、石鹸に興味のあるユーザーが集まってくるため、購入に至る確率が高くなるのです。

ロングテールSEOが役立つサイトとは?

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。 健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。 それゆえ、ライバルが増えすぎてしま

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。
健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。
それゆえ、ライバルが増えすぎてしまい、後から参入する業者は勝ち目がないわけです。
ロングテールSEOは、士業の集客で活用されることが多いです。
士業というのは、ほとんどが地域密着型の運営を展開しているものです。
司法書士にしても税理士にしてもそうでしょう。
司法書士と入力して検索した場合、無数のサイトが表示されますが、司法書士と「エリア名」を合わせて検索すれば、表示されるサイトはぐっと少なくなります。
それにより、エリア内の客層を集めることができるのです。
これが、ロングテールSEOの基本となるのです。
ロングテールSEOを実践するからには、役立つ情報を提供することが必要です。
キーワードにこだわらない方法であるため、自由度の高い文章が書けるようになるのです。
今後は、不自然な文章のサイトは減っていくでしょう。
検索エンジンの本来の目的は、有益な情報を提供することなのです。
必要な情報をすぐに入手できるからインターネットの意味があるのです。
しかし、近年のサイトはそれができなくなっています。
目的のサイトに行き着かず、時間ばかりを費やしてしまうという方は多いでしょう。
こうしたムダな時間を無くすためにも、ロングテールSEOは役立つのです。
ロングテールSEOを実践する方は、サイトのコンテンツを充実させましょう。

ロングテールを使ったSEOの重要性

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。 それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。 そして、ビジネスの

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。
それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。
そして、ビジネスのサイトを作った場合には、多くの人に見てもらうためにSEO対策を利用します。
検索エンジンの検索結果の上位に入れば、それだけ多くの人に自分のサイトを見てもらう事ができるようになり、売上が大きくなります。
そのSEO対策の中でも主流となっているのはロングテールという方法です。
ロングテールは、元々Amazonなどのような通信販売の特性を解説するためにできたのですが、最近では、売上を上げるための方法として利用されています。
インターネットが普及した時には、Yahoo!検索エンジンが主に利用されていました。
Yahoo!では、検索以外でも様々な機能があるために利用しやすいという事も人気の理由でした。
ですが、最近ではGoogleが使いやすいとして、Googleを利用する人も多くなってきました。
Yahoo!検索エンジンが人気がある時には、ExciteやGooも検索エンジンとして需要もありましたが、現在ではGoogleが多くなっています。
そのため、検索結果が一様になって特定の検索エンジンが上位表示にならなければほとんどアクセスが集まらないという事が起こります。
1つの検索エンジンでは多くの人数を占めてしまうと、アクセスが偏ってしまうため、ロングテールの部分が複雑になる場合があります。

ロングテールSEOでお約束事とは

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。 しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。 SEO対策の内容も時

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。
しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。
SEO対策の内容も時代の流れを経て、その手法を変え現在主流となっているのは、ロングテールSEOといわれるものです。
これまでのSEOとは全く違った方法で、まったく真逆の考えと言えるような手法となりますので、従来のキーワードに頼ったSE対策を続けていた人にとっては、理解し難い内容かもしれません。
アクセス数とあげるためには、必ず行わなければならないSEO対策ですが、より効果をあげる為にも今後は、ロングテールSEOの方法を理解しておく必要があります。
ロングテールSEOを行う上での注意点というか約束事とも言えることがあるのですが、そのポイントを理解し抑えておかなければ、いくら理論通りに行ったとしても全く効果をあげる事ができなくなりますので、注意をしましょう。
現在数多くのサイトが立ち上がり、様々なキーワードを散りばめられた内容の記事が掲載されていいますが、それでは魅力的なサイトとは言えず、アクセス数をこれ以上あげることは難しいでしょう。
ロングテールSEOと行うに当たって、一番重要なポイントはサイトの内容が常にわかりやすく、誠実な内容であることが大前提となります。
キーワードばかりに気がいってしまい、サイト自体が薄っぺらな内容であったり、支離滅裂な文字を並べていたとすると効果を得る事は難しでしょう。
ロングテールSEOの狙いは、いかに質の良いユーザーを集め、リピート率をあげることができるかという点、つまり回転率をより高めることが目的となりますので、ただ闇雲に検索されやすいであろうキーワードを羅列した意味のない内容のサイトを作ったとしても、決してリピーターを獲得するのは難しいと考えられるのです。
盗作はもちろんですが、引用や転載ルールを全く無視した内容のサイトは非常に多く見受けられます。
当然そのようなサイトのアクセスをあげることや、リピート率を高くするのも非常に厳しいでしょう。
それどころか、ルールを無視したということが、誰かの目に止まり、炎上もしくは祭りといった状況になってしまうと、サイト存続は危ぶまれ、終いには閉鎖してしまわなければなりません。
一個人のサイトやブログであっても世界中の方が見ることができますので、真摯な態度でサイト作りをしなければ、確実に消滅してしまうでしょう。
ロングテールSEOは、誠実であるという事が前提となりますので、今一度自分のサイトの内容がどのような状態になっているのかから考える必要があります。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191