ユーザー

LPO対策での改善

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。 例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。
例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。
「限定」や「割引」の文字に弱いユーザーは、多いものです。
プレゼントや会員制のポイントシステムも、リピーターの確保には有効です。
こうした企画は、ランディングページにも応用することができます。
商品の発送を行うときにも、チラシを同封することでお買い得感をアピールすることが可能です。
実は、ほとんどのユーザーは、文字を読まずにイメージで内容を判断しているといいます。
検索サイトでキーワード広告のテキストからアクセスしてくるとしても、流し読み程度だそうです。
つまり、広告はインパクトが強いもののほうが、より多くの人に注目されるとも考えられます。
そのため、LPO対策では、パッと見で内容が理解できるようなランディングページを作ることが効果的です。
色や文字の太さなどを工夫して、目から入ってきやすいページにすることが大切なのです。
よく言われるのが、5歳の子供にもわかるように表現するということです。
ランディングページでインパクトを与えて、すんなり購買に移ってもらえるように工夫してみてください。


“LPO対策での改善” の詳細は »

LPO対策と直帰率

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。 ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定すると

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。
ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定するといわれています。
アクセス数を稼いでも売上が伸びないのは、ここに原因があります。
つまり、LPO対策を有効に行わなければ、直帰率を高めてしまうのです。
LPO対策を行っているのに売上が伸びないと悩んでいる方は、直帰率を下げる原因を一つずつ解消していきましょう。
サイトが見にくい、文字が多い、目的の情報を見つけにくいといった問題をクリアしていくのです。
見た目でわかりやすく、文字が少ないページ、目的のページまでに移動するページ数が少ないなど、できることは意外とシンプルです。
例えば、マクドナルドのサイトを参考にしてみてください。
最近、マクドナルドではLPO対策を導入して売上アップを図っているそうです。
それだけ、ウェブサイトを確認してから店舗を訪れる人が増えたということですね。
マクドナルドでは店舗販売がメインのはずなのに、ウェブサイトでLPO対策を行うということは、店舗を訪問する顧客とサイトを訪問してすぐに直帰してしまうユーザーとの関係性に注目したということです。
サイトにアクセスしたユーザーの滞在時間を延ばすことで、ハンバーガーが食べたくなる気持ちも高まるというのは納得がいきますね。

LPO対策の7つのポイント

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。 1.選択肢を少なくする。 目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。 アクショ

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。
1.選択肢を少なくする。
目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。
アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。
2.約束を厳守する。
ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。
ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてしまう原因となります。
企業が顧客に与えるブランド価値を構築するブランディングは、必要不可欠です。
3.シンプルさを心がける。
ランディングページの見た目がごちゃごちゃしていると、訪問者に迷いが生じます。
常に同じフォントを利用したり、色を統一するのは最低限の要素です。
4.信頼性を心がける。
顔の見えない世界で取引するオンラインの世界では、ユーザーが不安を抱えやすいものです。
保証を付けるなど、ユーザーに安心して使ってもらえる信頼性を作りましょう。
5.親近感をもたせる。
紹介されている商品などを利用している人が、大勢いることを理解してもらうことです。
お客様の声、有名人の利用などをアピールするという手法があります。
6.目的のアクションを目立たせる。
目的のアクションをしてもらうためのフォームやボタンを目につきやすくすることが、重要です。
7.テキストを少なくする。
端的な文章を心がけ、できるだけイメージから訪問者にアピールするほうが効果的です。


“LPO対策の7つのポイント” の詳細は »

構成面でのLPO対策

せっかく訪問者がランディングページにやってきても、すぐに立ち去ってしてしまうということがあります。ページのボリュームが多かったり、読みにくい箇所があったり、探している情報が見つかりにくいとい

せっかく訪問者がランディングページにやってきても、すぐに立ち去ってしてしまうということがあります。
ページのボリュームが多かったり、読みにくい箇所があったり、探している情報が見つかりにくいといったことが、離脱の原因です。
目的としていた情報になかなか辿り着けないと、訪問者はものの数秒でイライラしてサイトから立ち去ってしまうといいます。
訪問者の離脱を減らすためには、情報が整理されたウェブサイトを作ることが大切です。
それこそが、LPO対策というものなのです。
SEO対策を考えると、ボリュームあるサイトを制作することが大切です。
しかし、カテゴリー別に整理されていないと、訪問者は探している情報を容易に見つけることができないのです。
情報が整理されて見やすいサイト構成にすると、訪問者も長く滞在して成約率が高くなります。
例えば、スポーツ用品の情報サイトなら、スポーツ別にカテゴリーを分けたほうが見やすくなります。
さらに、そのカテゴリー内に、コンテンツを作っていくのです。
基本的には、大分類であるトップページ、中分類であるカテゴリーページ、小分類としてカテゴリー内の詳細ページを充実させていきます。
事前にサイト構成を考えておけば、無駄を少なくユーザビリティを高めたサイトを作ることが可能です。

人気のLPO対策

LPO対策は、サイトを運営する上で欠かせない要素だといわれています。 誰もが当たり前に検索をする世の中になり、検索結果として広告が表示されるPPC広告が注目されています。 PPC広告から

LPO対策は、サイトを運営する上で欠かせない要素だといわれています。
誰もが当たり前に検索をする世の中になり、検索結果として広告が表示されるPPC広告が注目されています。
PPC広告からアクセスされるのも、ランディングページです。
そのランディングページがおろそかな内容では、購買どころか1秒も滞在してもらえないかもしれません。
LPO対策の重要さが、ますます注目されているのです。
多額の費用をかけてユーザーをサイトにアクセスさせても売上に結びつかないのは、ユーザーの目的がサイトになかったからです。
すぐに見つからなかったということも、LPO対策の失敗といえるでしょう。
ユーザーは、目的を見つけられないと3秒で他のサイトに移ってゆくといいます。
どうにか購買に結びつけるためにも、LPO対策に力を入れることが重要なのです。
これが、LPO対策が注目され、人気となっている理由です。
最近のユーザーはインターネットに慣れてきており、検索した結果から広告を踏んでサイトを訪問してきます。
仮にリンク元が広告ではなかったとしても、求める情報があるのではないかと検索結果から判断してアクセスしてくるのです。
その際にランディングページとなるのは、必ずしもトップページとは限りません。
特に、広告の場合は、見せたいページにリンクを張るでしょう。
そのページを充実させていなければ、ユーザーの期待に応えることができません。
トップページにランディングするユーザーは全体の2~3割だといいますから、ランディングページとなりうるページは全て改良する必要があるのです。

« 過去の記事