コンバージョン率

LPO対策でコンバージョン率アップ

ユーザーがサイト内で購買などの成約まで辿り着いてくれることをコンバージョンといいます。 コンバージョンの確率のことをコンバージョン・レートと呼び、日本でいえば成約率にあたります。 LPO

ユーザーがサイト内で購買などの成約まで辿り着いてくれることをコンバージョンといいます。
コンバージョンの確率のことをコンバージョン・レートと呼び、日本でいえば成約率にあたります。
LPO対策で最終的に目指すのもコンバージョンであり、コンバージョン率を伸ばすことで売上率が上がったということになります。
LPO対策では、ウェブサイト・オプティマイザーを利用してコンバージョン率アップを図ることができます。
ウェブサイト・オプティマイザーとは、Googleの無料ツールです。
このツールを利用ことで、ウェブサイトからの売上をアップする方法があるのです。
例えば、2つのパターンからサイトの見出しを決めようとしているとき、どちらの見出しが有効なのかをテストすることができます。
ユーザーからそれぞれのタイトルに何件のオーダーがあったか、具体的な数字でオプティマイザーが解析してくれるのです。
ウェブサイト・オプティマイザーの魅力は、一箇所だけでなく複数の部分を一度にテストすることができる点です。
できるだけ効率よくコンバージョンに結びつけるために、様々なテストを行ってランディングページを最適化していきましょう。
ウェブサイト・オプティマイザーで逐一テストを行ってページを改良していくことで、LPO対策に成功できるでしょう。

LPO対策と各種ツール

Googleのウェブサイト・オプティマイザー以外にも、LPO対策に有効なツールはあります。 ウェブサイト・オプティマイザーと併用することで、さらに強力なマーケティングを実現することができる

Googleのウェブサイト・オプティマイザー以外にも、LPO対策に有効なツールはあります。
ウェブサイト・オプティマイザーと併用することで、さらに強力なマーケティングを実現することができるでしょう。
グーグルアドワーズは、やはりGoogleが提供するツールです。
ウェブサイトにコードを貼り付けることで、コンバージョン率のテストを行えるのです。
ライブチャットというツールでは、サイトからすぐに離脱するユーザーの原因を探ります。
ユーザーの中には電話などで苦情を申し立ててくる人もいますから、それを発展させたのがライブチャットなのです。
電話では言いにくくても、ライブチャットでならおしゃべり感覚で苦情などを言えるというわけです。
ユーザーが離脱する原因が、ここから探ることができます。
ウェブ解析やアンケートなどのツールは、他にも多数存在しています。
サイトの訪問者がどんなキーワードを検索してアクセスしてきたか、どのページにどのくらい滞在していたか、どこをクリックしたかなどを解析することをウェブ解析といいます。
アンケートは、文字通り直接サイトについてユーザーに意見を問うツールです。
サイトに何を望んでいるのか、ユーザーにズバリ問うことができるのです。
いくつかのツールを併用して、効率よくLPO対策を進めていきましょう。

人気のLPO対策

LPO対策は、サイトを運営する上で欠かせない要素だといわれています。 誰もが当たり前に検索をする世の中になり、検索結果として広告が表示されるPPC広告が注目されています。 PPC広告から

LPO対策は、サイトを運営する上で欠かせない要素だといわれています。
誰もが当たり前に検索をする世の中になり、検索結果として広告が表示されるPPC広告が注目されています。
PPC広告からアクセスされるのも、ランディングページです。
そのランディングページがおろそかな内容では、購買どころか1秒も滞在してもらえないかもしれません。
LPO対策の重要さが、ますます注目されているのです。
多額の費用をかけてユーザーをサイトにアクセスさせても売上に結びつかないのは、ユーザーの目的がサイトになかったからです。
すぐに見つからなかったということも、LPO対策の失敗といえるでしょう。
ユーザーは、目的を見つけられないと3秒で他のサイトに移ってゆくといいます。
どうにか購買に結びつけるためにも、LPO対策に力を入れることが重要なのです。
これが、LPO対策が注目され、人気となっている理由です。
最近のユーザーはインターネットに慣れてきており、検索した結果から広告を踏んでサイトを訪問してきます。
仮にリンク元が広告ではなかったとしても、求める情報があるのではないかと検索結果から判断してアクセスしてくるのです。
その際にランディングページとなるのは、必ずしもトップページとは限りません。
特に、広告の場合は、見せたいページにリンクを張るでしょう。
そのページを充実させていなければ、ユーザーの期待に応えることができません。
トップページにランディングするユーザーは全体の2~3割だといいますから、ランディングページとなりうるページは全て改良する必要があるのです。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191