キーワード出現率

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

ロングテールSEOが役立つサイトとは?

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。 健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。 それゆえ、ライバルが増えすぎてしま

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。
健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。
それゆえ、ライバルが増えすぎてしまい、後から参入する業者は勝ち目がないわけです。
ロングテールSEOは、士業の集客で活用されることが多いです。
士業というのは、ほとんどが地域密着型の運営を展開しているものです。
司法書士にしても税理士にしてもそうでしょう。
司法書士と入力して検索した場合、無数のサイトが表示されますが、司法書士と「エリア名」を合わせて検索すれば、表示されるサイトはぐっと少なくなります。
それにより、エリア内の客層を集めることができるのです。
これが、ロングテールSEOの基本となるのです。
ロングテールSEOを実践するからには、役立つ情報を提供することが必要です。
キーワードにこだわらない方法であるため、自由度の高い文章が書けるようになるのです。
今後は、不自然な文章のサイトは減っていくでしょう。
検索エンジンの本来の目的は、有益な情報を提供することなのです。
必要な情報をすぐに入手できるからインターネットの意味があるのです。
しかし、近年のサイトはそれができなくなっています。
目的のサイトに行き着かず、時間ばかりを費やしてしまうという方は多いでしょう。
こうしたムダな時間を無くすためにも、ロングテールSEOは役立つのです。
ロングテールSEOを実践する方は、サイトのコンテンツを充実させましょう。

ニッチキーワードとスモールキーワードの相違点

現在自身のサイトのアクセス数を増やし、できるだけ人を集めたいと考えている人は、SEO対策をとっているとおもます。 そのなかでビックキーワードという言葉を耳にすると思います。

現在自身のサイトのアクセス数を増やし、できるだけ人を集めたいと考えている人は、SEO対策をとっているとおもます。
そのなかでビックキーワードという言葉を耳にすると思います。
ビッグキーワードとは、検索の際にメインとなる単語のことなのですが、ビックキーワードの対義語として活用されるのがスモールキーワードです。
頻繁に検索されるキーワードがビッグキーワードですから、あまり検索されないキーワードの事をスモールキーワードと読んで区別しているようです。
SEO対策を考えるとき、あまり検索されないキーワードであれば、それほど重要なものであるとは思えないという方もいるでしょう。
ですが、現在主流としているロングテールSEOを行う場合は、あまり検索されないであろうスモールキーワードの存在こそが、キーポイントとなるのです。
ロングテールSEOの考えでいう、スモールキーワードとは、ニッチキーワードのことなのですが、ニッチとは、隙間とか限界といった意味を持つ単語のようでスモールキーワードとは少し意味が違います。
時々隙間キーワードという方もいるようですが、これからも分かるように、ニッチキーワードとは、それほど使用されない単語、言い換えると、少ないけど検索に必要な単語という解釈も出きますよね。
もっとわかりやすくいうとメインキーワードで検索をすると情報として上がっている記事は、ものすごい膨大な数になりますのでさらに絞りこみをかける為に使用するサブ的なキーワード、それがニッチキーワードとなります。
ここがスモールキーワードとニッチキーワードの違いです。
スモールキーワードというのは、その単語自体が独立して検索ワードとしての活用がある、しかし需要がそれほどないキーワードの事をいいます。
ですからスモールキーワードを活用するとそれほど集客率をあげることはできないでしょう。
スモールキーワードはビッグキーワードの逆でそれほど需要がないということです。
それとは違ってニッチキーワードは、メインキーワードをさらに絞り込む時に必要不可欠なキーワード、ニッチキーワードですからロングテールSEOと考える場合には、重要な意味を持つと言えます。

ロングテールSEOが有効なサイト

SEO対策をする場合は、検索ワードを中心にしたサイトを作ることが重要となります。 検索されやすいキーワードでサイトを作って、そのキーワードで検索された時に上位表示されることに

SEO対策をする場合は、検索ワードを中心にしたサイトを作ることが重要となります。
検索されやすいキーワードでサイトを作って、そのキーワードで検索された時に上位表示されることによりアクセス数を多くする事ができるのです。
この方法が従来のSEO対策となっていましたが、この方法でSEO対策を行ってしまうと、キーワードを使いすぎて文章が不自然になったり、同様のキーワードがならべられて違和感を感じます。
ですから、最近では、あまりキーワードに頼らないようなロングテール理論を利用する事をお勧めします。
SEO対策をする事で、検索結果の上位に入り、アクセスアップを期待できるようになりますが、それ以上にリピート率が低くなってしまっていたり、商品などを購入する確率が低くなる場合があります。
その点、ロングテール理論ですと、リピーターにも期待できますし、アクセス数を多くする事もできるようになっています。
そうすることで、購入率やリピート率も高いままサイトを作る事ができるようになります。
ロングテール理論では、普段あまり使われていないキーワードでもアクセスをする人がすごく興味があって、上位表示された時に購入してくれるという事が狙いとなっています。
そのため、タイトルとサイトの内容が一致しないという事や言っている意味が分かりにくくなるなどの場合もほとんどありません。
ロングテール理論の場合は、サイトとかみ合わない内容を書いてしまったり、内容が良くわからないなどの状況になりにくいというメリットや上位表示されやすいキーワードを利用する事で、アクセスアップもできるというようなメリットがあります。

ロングテールSEOが有効なサイトについて

これまでのSEO対策といえば、多くの人が検索するであろう、キーワードをできるだけたくさん活用したサイト作りが主流であったと言えます。 この方法を活用したSEO対策であってもあ

これまでのSEO対策といえば、多くの人が検索するであろう、キーワードをできるだけたくさん活用したサイト作りが主流であったと言えます。
この方法を活用したSEO対策であってもある程度上位検索に表示させることは可能で、その結果アクセス数を増やす事もできましたが、今はこの方法では厳しいと言えるでしょう。
なぜなら、検索されやすそうなキーワードばかりを活用してしまったサイトは、どうしても不自然な文章になってしまい、折角見にきてくれたユーザーを確実に逃がしてしまうという結果につながるのです。
何一つ情報を得られない違和感さえ覚えるようなサイトには、リピーターはつかず、もはや現段階では通用しない手法となっています。
時代の流れを経て、現在多くの人が活用しているSEOの手法とは、メジャーなキーワードばかりを羅列した意味不明なサイトではなく、キーワードに頼らないロングテール理論を採用したSEO対策が主流となっています。
従来のSEO対策は、例えサイトが支離滅裂になってもとにかく検索上位にサイト名をもってくるということだけに力を注いでいたのですが、現在活用されているロングテールの目的は、一度アクセスした人を定着させる、つまりもう一度訪問してもらう内容の濃いサイト作りをする必要があります。
ユーザーが求めているサイト作りを心がけることで、リピート率を増やしその結果アクセス数を確実に獲得し、上位検索につなげるというのがロングテール理論の本来の目的となります。
しかもロングテールSEOを活用すると、検索されやすいキーワードなどにとらわれる事がありませんので、以前のように中身とタイトルが一致せず、いったい何を発信したいサイトであるのか意味不明な内容になる心配もありません。
ですが一度アクセスしてくれたユーザーをもう一度獲得するためには、ユーザーが求めているようなサイト作りを心がける必要があります。
ロングテールSEOの良い点は、本当に書きたい内容や作りたいサイト作りに専念することができますので、自由にサイト運営を楽しむ事ができます。
ただし、あまりにも読みづらい文章や、理解しがたい内容を掲載してしまうと、中々リピート率をあげる事はできませんので、誰にでも分かりやすい文章作りを心がけるようにすると良いでしょう。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191