インターネットビジネス

ユーザビリティを意識した構築

ショップサイトなどネットをビジネスに使う方が増えている昨今、多様化するネットビジネスではユーザビリティが重視されるようになっています。 手軽に始めることが出来るネットビジネスは、とかく自分の自己満足の集大成のようなサイトになりがちです

ショップサイトなどネットをビジネスに使う方が増えている昨今、多様化するネットビジネスではユーザビリティが重視されるようになっています。
手軽に始めることが出来るネットビジネスは、とかく自分の自己満足の集大成のようなサイトになりがちです。
しかし、それらは利用するユーザーにとっては不快に感じることも多く、せっかくホームページを作って企業をしても売り上げアップに繋がらずに失敗してしまう事もあります。
そうした失敗をしないためにもホームページ作りの段階から売り上げアップを想定したユーザビリティを意識したサイト作りをしなければいけません。
ユーザビリティは使いやすいといった意味合いで使われることが多くあります。
とかくネット社会においては、ユーザーが利用しやすい環境を整えるといった意味で使われることが多くなります。
ショップサイトを作るに当たっては、ユーザーの立場に立って配色やデザインなどをしっかりと考える必要があります。
例えば、サイトで扱っている商品をただ単に説明書きだけで販売しているサイトがあるとします。
ユーザビリティに沿ったサイトであるのかと聞かれれば、問答無用でNOといえるでしょう。
いくら素晴らしい文章であっても、商品と言う存在がある以上、その見た目などを相手に伝える必要があります。
それは文章では補うことが出来ないものであり、一見にしかずという言葉があるように画像との併用をする事で解決することが出来る問題です。