アルバイト

WebマーケティングとしてのLPO対策

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。 なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。 そ

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。
なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。
そのため、ランディングページでは、ユーザーが共感しやすい文章や画像で構成して最適化していく必要があります。
ユーザーの目的に応えられるランディングページを作るのが、LPO対策なのです。
例えば、ユーザーが転職先を探している場合を例にしてみましょう。
まずは、LPO対策を実施していないサイトの例です。
あるユーザーが検索キーワードに「転職・新宿」と入力し、あるユーザーは「転職・正社員」と入力したとします。
各ユーザーが求めている情報が、サイトに掲載されていない、あるいは見つかりにくいとなったら、ユーザーはすぐにあきらめてしまうでしょう。
すると、成果には結びつかないために、SEO対策で行った広告費だけがかかってしまうわけです。
例に挙げた2人のユーザーは、それぞれ別の目的を持っているようでいて、新宿で正社員として転職できる仕事を探している場合すらあるのです。
ユーザーの目的を予測して、LPO対策を行うことも必要になってきます。
様々なユーザーの目的に応えられるランディングページを作ることで、成果に結びつけていきましょう。