アクセス

LPO対策サービスのいろいろ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。 ・ターゲットキーワードの抽出 様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。 ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。
・ターゲットキーワードの抽出
様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。
ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザーからニーズのあるキーワード、ロングテールキーワード、地域キーワードなど、サイトに関連するキーワードを挙げていきましょう。
キーワードの検索数や競合数などを分析して有効度調査を行ったら、ターゲットキーワードと照合して最大限のアクセスアップを計画します。
・キーワードに適したページ作成
検索キーワードからでタ検索結果をたどって満足いくサイトにアクセスできなければ、ユーザーは二度と訪問しない可能性もあります。
検索キーワードを入力したユーザーの心理も読み取って、ユーザーのニーズに応える情報を提供できるよう、サイトを最適化することです。
・ページ内コンテンツの充実
サイトに訪問してもらえても、コンテンツが充実していないとすぐに離脱されてしまいます。
ユーザーが求めてやってきた情報にスピーディーにアクセスできないと、目的を果たせないサイトと判断されてしまうのです。
ユーザビリティを意識して、わかりやすく充実したコンテンツを目指しましょう。
・タグや広告タイトルの作成
検索結果にどのような広告が表示されるかで、アクセス数は変わってきます。
効果的な文章やイメージを使った広告で、ユーザーの興味を確実なアクセスアップにつなげましょう。
・アクセスログ解析の検証
サイト内でのユーザーの動向を調べて、ユーザーのニーズや心理を検証します。
訪問数、直帰率、離脱率、滞在時間、閲覧ページなどが、重要なデータとなります。
・サイト内部の改善とタイトル修正
ユーザーの離脱を成果につなげる前に許してしまうことを防ぐために、サイト内部を見直してタイトルの修正を行います。


“LPO対策サービスのいろいろ” の詳細は »

LPO対策とユーザーの目的

訪問してきたユーザーを商品への購入にスムーズに誘導してあげるのが、LPO対策の成功です。 ユーザーが最初に目につくコンテンツは、非常に重要になってきます。 そこでサイトに関心をもってもら

訪問してきたユーザーを商品への購入にスムーズに誘導してあげるのが、LPO対策の成功です。
ユーザーが最初に目につくコンテンツは、非常に重要になってきます。
そこでサイトに関心をもってもらえるかどうかが、コンバージョンの獲得にかかっているのです。
そのためには、サイトにアクセスしてきたユーザーが何を求めているのかを知ることです。
テストしてみるとわかることですが、ひょっとするとサイト側が提供していると思っている目的とは別の目的でユーザーがアクセスしてきている可能性もあります。
間違いがないように最終目的まで到達させてあげるためには、迷いのないサイト作りを目指すことです。
通常は、ある商品などについて知りたい、購入したいという目的で、ユーザーはサイトにアクセスしてくるはずです。
今すぐに購入したいユーザーなら、商品を目にした時点で購入ボタンを押すでしょう。
しかし、それが何クリックもたどったりスクロールしたりする手間を必要としたら、迷いが生じてしまうかもしれません。
商品について知りたいけれど迷っているというユーザーなら、もしもわかりやすい場所に商品の利点が表示されていれば、購買意欲が高まって購入に踏み切るかもしれません。
ユーザーをいかに目的に向けて誘導する導線を張るかは、非常に重要なことなのです。

LPO対策の始め方

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。 いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げる

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。
いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げることは不可能なのです。
そのようなわけで、どんなときにもLPO対策は必須となります。
LPO対策でまず必要になるのは、アクセス解析です。
ホームページにアクセス解析を設置して、データの検証を行うことは重要です。
LPO対策は、データ検証→仮説→改善→データ検証→仮設→改善の繰り返しです。
ネットショッピングに例えれば、必要になってくるのは、ホームページへのアクセス数の拡大方法、購入者を増やす方法に対してLPO対策が行われます。
LPO対策を行えば、検索ワードをホームページと関連させて顧客がアクセスしやすいようにできるのです。
外装を変更することで、アクセス数を伸ばすことも可能です。
具体的には、キャッチコピーの見直しやコンテンツの見直し、ユーザーシナリオの作成、リスティングキーワードの設計などによって、アクセス数を伸ばそうとします。
このような検証・仮設・改善を繰り返すことで、ホームページへのアクセス数を増やしたり、コンバージョン率を高めたりするのです。
ネットショッピングに限らず、どのようなサイトでもLPO対策の基本手順は同じです。


“LPO対策の始め方” の詳細は »


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191