LPO対策サービスのいろいろ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。
・ターゲットキーワードの抽出
様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。
ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザーからニーズのあるキーワード、ロングテールキーワード、地域キーワードなど、サイトに関連するキーワードを挙げていきましょう。
キーワードの検索数や競合数などを分析して有効度調査を行ったら、ターゲットキーワードと照合して最大限のアクセスアップを計画します。
・キーワードに適したページ作成
検索キーワードからでタ検索結果をたどって満足いくサイトにアクセスできなければ、ユーザーは二度と訪問しない可能性もあります。
検索キーワードを入力したユーザーの心理も読み取って、ユーザーのニーズに応える情報を提供できるよう、サイトを最適化することです。
・ページ内コンテンツの充実
サイトに訪問してもらえても、コンテンツが充実していないとすぐに離脱されてしまいます。
ユーザーが求めてやってきた情報にスピーディーにアクセスできないと、目的を果たせないサイトと判断されてしまうのです。
ユーザビリティを意識して、わかりやすく充実したコンテンツを目指しましょう。
・タグや広告タイトルの作成
検索結果にどのような広告が表示されるかで、アクセス数は変わってきます。
効果的な文章やイメージを使った広告で、ユーザーの興味を確実なアクセスアップにつなげましょう。
・アクセスログ解析の検証
サイト内でのユーザーの動向を調べて、ユーザーのニーズや心理を検証します。
訪問数、直帰率、離脱率、滞在時間、閲覧ページなどが、重要なデータとなります。
・サイト内部の改善とタイトル修正
ユーザーの離脱を成果につなげる前に許してしまうことを防ぐために、サイト内部を見直してタイトルの修正を行います。


LPO対策をしたいけれど、何から始めれば良いのかわからないという方もいるでしょう。
そんなときには、サイト内の弱点をクリアすることから始めましょう。
ユーザーが訪問して成約が完了するまでの流れを見直し、問題がないかを検証してみてください。
広告、商品ページ、ホームページ全体、友達紹介、オーダーの確認ぺージなど、様々な要素の中から問題点を探してみるのです。
商品の販売サイトであれば、目玉商品の販売を第一にすることが重要です。
あまり売れていない商品を宣伝しても、目玉商品が目立たなくなってしまう可能性があります。
思い切って、新しい商品を取り入れるなども良いでしょう。
ユーザーテストは、スタッフや知人などに協力してもらってフィードバックをしてもらいましょう。
実際、大規模なIT企業でも、従業員がユーザーの気持ちになってテストすることでサイトの改善を図っています。
指摘があった点を見直して、改良していくことが大切です。
サイト全体で伝えたいことをシンプルにまとめて、構成しなおすことも大事です。
まとまりのないサイトは、一目でユーザーに立ち去られてしまいます。
何度も文章を見直して、自分の伝えたいことを考えてみてください。
もちろん、それが一般の多くのユーザーにわかりやすく、親近感を覚えられやすいものであることは前提です。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191