LPO対策におけるテスト

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。
どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。
ユーザーが求める商品やサービスを、サイトの目立つところに置くことも大切です。
スクロールしたり、何度もクリックしてページを辿らなければならないような場所に求めるものがあるのは嫌ですよね。
特に、人間は左端からサイトを見るという傾向があるそうです。
左端の上部に売りたいものを置けば、ユーザーの目につきやすいということになります。
ヘッドラインとも呼ばれる見出しは、ダイレクトマーケティング業界では7割がヘッドラインで決まるといわれるほど重要な要素です。
ヘッドラインで大切なのは、商品やサービスの概要よりも利点を述べることです。
次に、簡単に目的を得られるという提案をすることです。
さらに、信頼性を印象づけるということに集中すれば、ヘッドラインの改良は完璧でしょう。
商品やサービスの利点は、ユーザーの立場になってみれば思いつきます。
実際にサイトを見ている気分になって、商品の利点を自問してみましょう。
価格競争が目立つ昨今ですが、やたらと価格を下げれば売れるというものでもありません。
ユーザーが求めるものは、第一に品質が良いものであることを忘れないようにしましょう。


LPO対策のテスト方法であるABテスト、多変量テスト、トータルエクスペリエンステストが、それぞれどのようなテストなのかを紹介します。
●ABテスト
AとBという2つのタイプのページをテストするのに、利用されます。
ホームページやFAQ、製品ページなど、サイト上に存在する各ページに複数のタイプを用意して、テストを行います。
より効果の高かったページが、最終的に採用されるのです。
逐次的、並行的に行われ、逐次テストは複数のタイプのページが一定時間ごとに表示されるものです。
並行テストはトラフィックが2つに分裂され、複数のタイプのページが同時期に表示されます。
そのため、テスト結果は時期に影響され、変化も多く起こります。
●多変量テスト
ウェブページ上のテキストや画像など、複数の要素を変更してテストします。
●トータルエクスペリエンステスト
現在も発展中のランディングページ最適化方法で、システムによってウェブサイト全体の訪問者の動きを解析する方法です。
従来のLPOと大きく異なるのは、トータルエクスペリエンステストではページ間をまたぐエクスペリエンスが複数個用意してテストを行う点です。


Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191