ロングテールSEOの方法

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

ロングテールを使ったSEOの重要性

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。 それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。 そして、ビジネスの

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。
それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。
そして、ビジネスのサイトを作った場合には、多くの人に見てもらうためにSEO対策を利用します。
検索エンジンの検索結果の上位に入れば、それだけ多くの人に自分のサイトを見てもらう事ができるようになり、売上が大きくなります。
そのSEO対策の中でも主流となっているのはロングテールという方法です。
ロングテールは、元々Amazonなどのような通信販売の特性を解説するためにできたのですが、最近では、売上を上げるための方法として利用されています。
インターネットが普及した時には、Yahoo!検索エンジンが主に利用されていました。
Yahoo!では、検索以外でも様々な機能があるために利用しやすいという事も人気の理由でした。
ですが、最近ではGoogleが使いやすいとして、Googleを利用する人も多くなってきました。
Yahoo!検索エンジンが人気がある時には、ExciteやGooも検索エンジンとして需要もありましたが、現在ではGoogleが多くなっています。
そのため、検索結果が一様になって特定の検索エンジンが上位表示にならなければほとんどアクセスが集まらないという事が起こります。
1つの検索エンジンでは多くの人数を占めてしまうと、アクセスが偏ってしまうため、ロングテールの部分が複雑になる場合があります。

ロングテールSEOでお約束事とは

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。 しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。 SEO対策の内容も時

これまでのSEOというのは、検索されやすいキーワードだけに頼った手法が取られていました。
しかしそれではもはや通用しないような時代となっています。
SEO対策の内容も時代の流れを経て、その手法を変え現在主流となっているのは、ロングテールSEOといわれるものです。
これまでのSEOとは全く違った方法で、まったく真逆の考えと言えるような手法となりますので、従来のキーワードに頼ったSE対策を続けていた人にとっては、理解し難い内容かもしれません。
アクセス数とあげるためには、必ず行わなければならないSEO対策ですが、より効果をあげる為にも今後は、ロングテールSEOの方法を理解しておく必要があります。
ロングテールSEOを行う上での注意点というか約束事とも言えることがあるのですが、そのポイントを理解し抑えておかなければ、いくら理論通りに行ったとしても全く効果をあげる事ができなくなりますので、注意をしましょう。
現在数多くのサイトが立ち上がり、様々なキーワードを散りばめられた内容の記事が掲載されていいますが、それでは魅力的なサイトとは言えず、アクセス数をこれ以上あげることは難しいでしょう。
ロングテールSEOと行うに当たって、一番重要なポイントはサイトの内容が常にわかりやすく、誠実な内容であることが大前提となります。
キーワードばかりに気がいってしまい、サイト自体が薄っぺらな内容であったり、支離滅裂な文字を並べていたとすると効果を得る事は難しでしょう。
ロングテールSEOの狙いは、いかに質の良いユーザーを集め、リピート率をあげることができるかという点、つまり回転率をより高めることが目的となりますので、ただ闇雲に検索されやすいであろうキーワードを羅列した意味のない内容のサイトを作ったとしても、決してリピーターを獲得するのは難しいと考えられるのです。
盗作はもちろんですが、引用や転載ルールを全く無視した内容のサイトは非常に多く見受けられます。
当然そのようなサイトのアクセスをあげることや、リピート率を高くするのも非常に厳しいでしょう。
それどころか、ルールを無視したということが、誰かの目に止まり、炎上もしくは祭りといった状況になってしまうと、サイト存続は危ぶまれ、終いには閉鎖してしまわなければなりません。
一個人のサイトやブログであっても世界中の方が見ることができますので、真摯な態度でサイト作りをしなければ、確実に消滅してしまうでしょう。
ロングテールSEOは、誠実であるという事が前提となりますので、今一度自分のサイトの内容がどのような状態になっているのかから考える必要があります。

ミドルキーワードを知るためにはサイトを見直す

検索の時に使われるキーワードは、大きく分けると3つに分ける事ができます。 多くの人が検索しているようなキーワードの事を「ビッグキーワード」。 あまり検索される事のないキ

検索の時に使われるキーワードは、大きく分けると3つに分ける事ができます。
多くの人が検索しているようなキーワードの事を「ビッグキーワード」。
あまり検索される事のないキーワードの事を「スモールキーワード」。
ビッグキーワードと一緒に利用される検索されるキーワードの事を「ニッチキーワード」と言います。
ですが、この3つにも入らないキーワードの事を「ミドルキーワード」と言います。
ロングテールSEOをする場合には、ミドルキーワードとニッチキーワードは、同じような意味を持っています。
ロングテールSEOは、固定のコアユーザーを集める事を目標とした方法で、その情報に精通している人や詳しい人を集客できるようにします。
ですから、ニッチキーワードもミドルキーワードも必要だと言われいます。
ミドルキーワードと言っても、あまりピンとこないと感じる人もいますが、ビッグキーワードとしては、「携帯」「ケータイ」「ドコモ」「ソフトバンク」「au」などが挙げられます。
そして、スモールキーワードと言われるものは、「料金」「比較」「プラン」などがあります。
それ以外のキーワード、つまりミドルキーワードは「機種」「折り畳み」「充電器」などです。
ですから、ミドルキーワードはニッチキーワードとして扱う事もできるのです。
自分のサイトはどのようなサイトなのかをよく考え、ビッグキーワード、スモールキーワード、ミドルキーワードは何なのかをしっかり理解しておく必要があります。
ロングテールSEOを行う際には、ミドルキーワードやニッチキーワードを同じと考えてもほとんど問題はありませんので、うまく活用してロングテールSEOを行ってみてください。

ロングテール理論を利用したSEO対策とは

最近では素人でも簡単に独自のホームページを持つことができ、さらには簡単にホームページを作る事も可能となっています。 若い人から中高年、さらには高齢者の方まで幅広く活用されてい

最近では素人でも簡単に独自のホームページを持つことができ、さらには簡単にホームページを作る事も可能となっています。
若い人から中高年、さらには高齢者の方まで幅広く活用されているものにブログ機能がありますが、それも自分専用のホームページであるといってもいいでしょう。
自宅に置いてあるインターネットに限らず、今では携帯電話やゲーム機等、色々なモバイル機能を活用してどこにいてもすぐにインターネットに接続することができる時代となっています。
特にブログは外出先や職場にいても、インターネットに接続できる機能を持っていることで、すぐに更新をしたり、記事を書き込んだりする事も出来ます。
このように世界中の人が独自のホームページを持てる便利な時代になっていますから、自分だけのホームページを多くの人に見てもらうというのは非常に難しいといえます。
折角作ったサイトですから多くの方に観てもらいったいと思うのは当然です。
ビジネスで立ち上げたサイトなら尚更多くの人に見てもらわなければ意味が無いといえます。
そこでSEO対策が重要となるのです。
現在ではいろいろな手法を用いたSEO対策があり、日々多様化しているといいます。
集客を増やす為に様々な研究がなされており、、SEO対策も多くの理論を活用して進化しているのです。
数あるSEO対策の中で最も注目されているのが、ロングテール理論で、最も有名なSEO対策といえます。
商品販売の為のグラフを作成した時に、縦軸に販売量、横軸に商品名を置くと、売上の少ない商品の名前が長く伸びて、さらにはグラフの形がL字に似ていることと、横に伸びた部分が、恐竜の尻尾に似ていることからロングテールと呼ばれています。
通常売れない商品であっても、その数が多くなればそれだけでビジネスが成立する、実店舗で扱うには、売り場の面積に限りがある為に取り扱えない商品であっても、インターネットを活用すると、月にわずかのの売り上げしか得られない商品であっても取り扱う事ができるという考えです。
ロングテール理論でSEO対策を考えた場合、有効なキーワドを割り出す方法には、商品や売上をアクセス数や検索キーワドに当てはめると自然と見つける事が出来るでしょう。
誰も使っていないキーワード、いわば穴場とも言えるキーワードを使って、ビジネスを行うのですから考え方としては間違っていないと思います。
ロングテール理論を使ったSEO対策は、ある程度の効果をあげているようですがSEO対策には確実な方法というものはありません。
その他にもいろいろな考え方のSEO対策がありますので、まずはロングテール理論によるSEO対策を実践してみるといいでしょう。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191