LPO対策

LPO対策の実験

LPO対策には、2つの実験方法があります。 ●期限付きテスト 顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。 終了時には、結果から導

LPO対策には、2つの実験方法があります。
●期限付きテスト
顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。
終了時には、結果から導かれた最も優れたウェブページが選択されます。
●期限なしテスト
期間を定めずに、断続的にウェブエージを顧客に表示する方法です。
リアルタイムな集計から、動的に最も優れたページに変更し続けるのです。
LPO対策には、ABテストや多変量テスト、トータルエクスペリエンステストを使用する方法もあります。
期限付きにも期限なしにも適用されていますので、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。
ABテストでは、無料ツールがあるために費用がかからないというメリットがあります。
一方、逐次テストの最中に、キャンペーンやプレスリリース、検索トラフィックの季節性などという外的要因をコントロールするのが難しいというデメリットがあります。
多変量テストでは、エクスペリエンスを最適化する科学的なアプローチという点で信頼性があるというのがメリットです。
しかし、定量的消費者分析の例に漏れず、ゴミを入れればゴミしか出てこないというGIGOになる危険性がデメリットとしてあります。
トータルエクスペリエンステストでは、全ウェブ上の体験を反映して最適化できるというメリットがあります。

LPO対策の必要性

LPOとは、ランディングページ最適化の略称です。 閲覧者がリンクしてきて最初に表示されたページが、ランディングページです。 ランディングページ最適化とは、ランディングページに置かれたボタ

LPOとは、ランディングページ最適化の略称です。
閲覧者がリンクしてきて最初に表示されたページが、ランディングページです。
ランディングページ最適化とは、ランディングページに置かれたボタンやキャッチコピーなどの要素をABテストなどにより分析して効率よく機能させることです。
もう少しわかりやすくいうと、GoogleやYahoo!などの検索サイトに表示されている広告からリンクされた最初に表示されるページが、ランディングページです。
いかに効率よく目的のページに訪問者を導くことができるかということが、必要不可欠なのです。
なぜなら、サイトに費用対効果を上げて効率よく利益を上げることが重要だからです。
費用体効果の改善を行うには、2つの重要事項があります。
・訪問者の目的に一致したキャッチコピーなどを表示することで、ランディングページからの直帰を減らす。
訪問者が、1ページしか見ないでサイトから去っていくのを防ぐのです。
・ランディングページから次サイトのページに移行させるために、ボタンなどを利用してABテストを行うことでコンバージョンの改善を行う。
ランディングページにアクセスさせることも重要ですが、ランディングページからいかに目的のページや購買へと導くかがLPO対策の鍵となってきます。

LPO(ランディングページ最適化)対策

インターネットマーケティングの手法の一つに、ランディングページ最適化というものがあります。 略してLPOと呼ばれ、コンバージョンの最適化やコンバージョン率の最適化を図ります。 ウェブサイ

インターネットマーケティングの手法の一つに、ランディングページ最適化というものがあります。
略してLPOと呼ばれ、コンバージョンの最適化やコンバージョン率の最適化を図ります。
ウェブサイトの訪問者をいかに顧客にし得るか、その比率の向上を目的としたのがLPO対策です。
潜在的な顧客が検索結果広告にアクセスしたときに、リンク先として表示されるウェブページがランディングページです。
リンクや広告について、詳細に書かれたコンテンツが表示されるのが一般的です。
つまり、ランディングページ最適化というのは、ターゲットである閲覧者に訴えるコンテンツやヴィジュアルをウェブページ上でいかに提供するかということなのです。
LPO対策としてターゲティング方法に基づくタイプは、3つです。
●連想コンテンツターゲティング
ルールベース最適化や受動的最適化とも呼ばれ、調査を対象とせずに入手可能な一般情報による顧客のセグメンテーションを作ります。
そこから、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
●予測的コンテンツターゲティング
人口統計情報や過去の購買行動、閲覧パターンなどから顧客の未来の行動を予測して、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
能動的ターゲティングとも、呼ばれています。
●顧客志向ターゲティング
訪問者に付けられたタグやレビュー、評価から、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
ソーシャルターゲティングとも、呼ばれています。

LPO対策の目標

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。 しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。 商品の販売を行っているサイトなら、リ

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。
しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。
商品の販売を行っているサイトなら、リピーターを作って買物を継続的にしてもらえるようなことが目標かもしれません。
自分の目標を明確に持っていることで、LPO対策の方法も定まってきます。
まずは、LPO対策の目標を立てておきましょう。
商品の購買や成約など以外の目標では、会員登録をしてもらう、お気に入りに登録してもらうなどの目標もあるでしょう。
ランディングページごとに目標を決めれば、LPO対策も不足なく行えるでしょう。
商品の販売が目的の場合、商品の利点をユーザーに伝えることが一つの目標です。
商品の訴求なら、購入することでユーザーが得られるメリットをわかりやすく伝えることが目標になるでしょう。
送料や支払方法、手数料、発送方法、返品の特約、アフターサービスなど、購入について詳細ユーザーが知りたい情報を完結に表現することも重要です。
LPO対策の目標となることは、このように一つだけとは限りません。
特に、ランディングページをいくつも持っているような場合は、それぞれのページにLPO対策の目標を設定して目標に向かって最適化していくことが必要です。

LPO対策サービスのいろいろ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。 ・ターゲットキーワードの抽出 様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。 ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。
・ターゲットキーワードの抽出
様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。
ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザーからニーズのあるキーワード、ロングテールキーワード、地域キーワードなど、サイトに関連するキーワードを挙げていきましょう。
キーワードの検索数や競合数などを分析して有効度調査を行ったら、ターゲットキーワードと照合して最大限のアクセスアップを計画します。
・キーワードに適したページ作成
検索キーワードからでタ検索結果をたどって満足いくサイトにアクセスできなければ、ユーザーは二度と訪問しない可能性もあります。
検索キーワードを入力したユーザーの心理も読み取って、ユーザーのニーズに応える情報を提供できるよう、サイトを最適化することです。
・ページ内コンテンツの充実
サイトに訪問してもらえても、コンテンツが充実していないとすぐに離脱されてしまいます。
ユーザーが求めてやってきた情報にスピーディーにアクセスできないと、目的を果たせないサイトと判断されてしまうのです。
ユーザビリティを意識して、わかりやすく充実したコンテンツを目指しましょう。
・タグや広告タイトルの作成
検索結果にどのような広告が表示されるかで、アクセス数は変わってきます。
効果的な文章やイメージを使った広告で、ユーザーの興味を確実なアクセスアップにつなげましょう。
・アクセスログ解析の検証
サイト内でのユーザーの動向を調べて、ユーザーのニーズや心理を検証します。
訪問数、直帰率、離脱率、滞在時間、閲覧ページなどが、重要なデータとなります。
・サイト内部の改善とタイトル修正
ユーザーの離脱を成果につなげる前に許してしまうことを防ぐために、サイト内部を見直してタイトルの修正を行います。


“LPO対策サービスのいろいろ” の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191