LPO対策

LPO対策の誘導

ランディングページへの誘導はSEO対策になりますが、これを知っておくことでLPO対策の仕方も変わってきます。 例えば、自分のブログを持っている人は、他人のブログを紹介したことがあるかもしれ

ランディングページへの誘導はSEO対策になりますが、これを知っておくことでLPO対策の仕方も変わってきます。
例えば、自分のブログを持っている人は、他人のブログを紹介したことがあるかもしれません。
このリンクを張るという行為でも、ランディングページへの誘導には効果が出てきます。
どこかのサイトとリンクをし合うことも、自分のサイトへの誘導に影響が出てきます。
しかし、リンクを張ったからすぐにアクセスが伸びるという期待は甘いかもしれません。
この効果は、じわじわと広がり、あるとき飛躍的に伸びるということもあります。
焦らずに、ランディングページを充実させることに力を注ぎましょう。
アクセスが伸びたときに、ランディングページに退屈されてしまっては勿体無いからです。
気に入ったサイトやブログにコメントを残すことで、自社のサイトに誘導できるということもあります。
そのブログを気に入っている人が、コメントを残している人も信頼してアクセスしてくれる場合があるのです。
LPO対策でランディングページに設定しているページと、トップページとの関係は複雑です。
どんな会社が運営しているかなどはトップページから詳細を知ることができる場合が多いのですが、ランディングページで求められる第一の要素はユーザーが求めるコンテンツです。
買物をしたい人で、まず最初に会社概要などを見る人は相当マニアックです。
そのため、小規模なサイトを運営しているのであれば、ランディングページでサイト全体を完結させてしまうというのも方法です。

LPO対策でコンバージョン率アップ

ユーザーがサイト内で購買などの成約まで辿り着いてくれることをコンバージョンといいます。 コンバージョンの確率のことをコンバージョン・レートと呼び、日本でいえば成約率にあたります。 LPO

ユーザーがサイト内で購買などの成約まで辿り着いてくれることをコンバージョンといいます。
コンバージョンの確率のことをコンバージョン・レートと呼び、日本でいえば成約率にあたります。
LPO対策で最終的に目指すのもコンバージョンであり、コンバージョン率を伸ばすことで売上率が上がったということになります。
LPO対策では、ウェブサイト・オプティマイザーを利用してコンバージョン率アップを図ることができます。
ウェブサイト・オプティマイザーとは、Googleの無料ツールです。
このツールを利用ことで、ウェブサイトからの売上をアップする方法があるのです。
例えば、2つのパターンからサイトの見出しを決めようとしているとき、どちらの見出しが有効なのかをテストすることができます。
ユーザーからそれぞれのタイトルに何件のオーダーがあったか、具体的な数字でオプティマイザーが解析してくれるのです。
ウェブサイト・オプティマイザーの魅力は、一箇所だけでなく複数の部分を一度にテストすることができる点です。
できるだけ効率よくコンバージョンに結びつけるために、様々なテストを行ってランディングページを最適化していきましょう。
ウェブサイト・オプティマイザーで逐一テストを行ってページを改良していくことで、LPO対策に成功できるでしょう。

WebマーケティングとしてのLPO対策

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。 なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。 そ

SEO対策やSEM対策で広告出稿の費用対効果を上げるためには、LPO対策が重要です。
なぜなら、ユーザーが検索したキーワードは、ランディングページで見つけたい目的そのものだからです。
そのため、ランディングページでは、ユーザーが共感しやすい文章や画像で構成して最適化していく必要があります。
ユーザーの目的に応えられるランディングページを作るのが、LPO対策なのです。
例えば、ユーザーが転職先を探している場合を例にしてみましょう。
まずは、LPO対策を実施していないサイトの例です。
あるユーザーが検索キーワードに「転職・新宿」と入力し、あるユーザーは「転職・正社員」と入力したとします。
各ユーザーが求めている情報が、サイトに掲載されていない、あるいは見つかりにくいとなったら、ユーザーはすぐにあきらめてしまうでしょう。
すると、成果には結びつかないために、SEO対策で行った広告費だけがかかってしまうわけです。
例に挙げた2人のユーザーは、それぞれ別の目的を持っているようでいて、新宿で正社員として転職できる仕事を探している場合すらあるのです。
ユーザーの目的を予測して、LPO対策を行うことも必要になってきます。
様々なユーザーの目的に応えられるランディングページを作ることで、成果に結びつけていきましょう。

LPO対策での改善

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。 例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。
例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。
「限定」や「割引」の文字に弱いユーザーは、多いものです。
プレゼントや会員制のポイントシステムも、リピーターの確保には有効です。
こうした企画は、ランディングページにも応用することができます。
商品の発送を行うときにも、チラシを同封することでお買い得感をアピールすることが可能です。
実は、ほとんどのユーザーは、文字を読まずにイメージで内容を判断しているといいます。
検索サイトでキーワード広告のテキストからアクセスしてくるとしても、流し読み程度だそうです。
つまり、広告はインパクトが強いもののほうが、より多くの人に注目されるとも考えられます。
そのため、LPO対策では、パッと見で内容が理解できるようなランディングページを作ることが効果的です。
色や文字の太さなどを工夫して、目から入ってきやすいページにすることが大切なのです。
よく言われるのが、5歳の子供にもわかるように表現するということです。
ランディングページでインパクトを与えて、すんなり購買に移ってもらえるように工夫してみてください。


“LPO対策での改善” の詳細は »

サイトの見直しでLPO対策

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。 ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。 左上にはヘッドライン

文章構成やページのレイアウトを見直すだけでも、LPO対策に有効となることが多いものです。
ユーザーは、一般的にサイトに訪問したときには左上の上部から目を走らせます。
左上にはヘッドラインがありますから、ここに自分が伝えたい言葉をわかりやすく書き出しましょう。
さらに、ユーザーに混乱させないように、イメージやテキストの必要性を見直してみてください。
ユーザーにとって意味のないコンテンツは、邪魔に思われるだけです。
ユーザーにとっての第一目的は、自分の目的を果たすことにあるのです。
何となくきれいだから、カッコイイからというだけの理由で、サイト内にコンテンツを増やすのは避けましょう。
どうしても見てほしい大事なコンテンツ、優先的に見てもらわなくても良い程度のコンテンツを振り分けして、より見てほしいコンテンツをできるだけスクロールせずに見られる位置に配置してください。
目的とするコンテンツが下のほうにあったり、別のページにあるというだけで、ユーザーは面倒になって立ち去ってしまう可能性があるからです。
サイト内での注意事項は重要事項ですが、最下部に置くようにしましょう。
これは、必要であればスクロールしてでもユーザーが見るものです。
上部に配置して、他の重要なコンテンツの場所をさらってしまうまでもありません。
ただ、かなり重要な注意事項は、要所要所に手短に入れておくことも大切です。

« 過去の記事
最新の記事 »