ブックマーク

Yahoo!ブックマークについて

Yahoo!ブックマークというソーシャルブックマークサイトをご存知でしょうか?
Yahoo!ブックマークは、2001年からサービスを開始していて、現在では多くの人が活用しています。
Yahoo!ブックマークでは、各ブラウザに搭載されているブックマークとは違い、web上に自分の気に入ったサイトをブックマークします。
ですから、本来は自分のパソコンのブラウザでしか行けなかったサイトでも、どこのパソコンからでも行けるようになります。
また、自分のブラウザのブックマークが多くなって、整理しきれなくなった場合は、Yahoo!ブックマークを利用して、web上でまとめてみるのも良いでしょう。
そうすることで、自分が登録したサイトをどこにいても閲覧できるようになりますので、通常のブックマークよりも便利だと言えます。
さらに、自分が登録していたサイトのURLのリンクが切れてしまった場合でも、情報だけは参照できるというメリットがあります。
また、登録したサイトが多くなってしまい、情報がごちゃごちゃしてきた場合でも、ソーシャルブックマークでは、検索して探しだす事ができますのでいつでも探したいサイトを探す事ができます。
登録したサイトは、web上で多くのユーザーと情報を共有できるようになります。
ですから、自分がこれまで知らなかった優良なサイトを発見する事ができたり、自分が気に入っているサイトを紹介する事ができます。
ソーシャルブックマークサイトは数多くありますので、自分の使いやすいサイトを利用してみましょう。

オンラインブックマークって何の事でしょう

オンラインブックマークを非常に便利なサービスですが、使い方によってトラブルが生じる可能性もあります。
あなたの情報を不用意に流してしまわないためにも、しっかり把握しておきましょう。
オンラインブックマークは通常のブックマークと比べると、データの保存場所が異なります。
通常ブックマークは、ブラウザ単位でデータを保存するのに対して、オンラインブックマークはインターネット上で保存しているのです。
どういうことかというと、オンラインブックマークでネット環境があれば、どのパソコンからでもデータが引き出せるということなのです。
ですが、それにはデメリットもあります。
それは個人情報の流出の可能性です。
オンラインブックマークは、まずアカウントを取得します。(無料です)
そのアカウント作成時には、あなたのメールアドレスやパスワードなどの登録が必要になります。
個人情報の一部を登録することで、オンライン上のデータスペースを確保するということです。
その保存スペースに、ブックマーク登録していくという形になります。
ブックマークの登録はとても簡単で、
専用フォームに登録するページのURL、名前、ジャンルを入力→送信ボタンを押す
たったこれだけです。
自分専用のパソコンを持っていない人が、データを保存しておくには特に重宝するかと思います。
ですが、共有のパソコンでもしログアウトをし忘れてしまった場合には、誰かに覗かれてしまう危険があります。
個人情報の流出を防ぐためにも、共有パソコンからの利用はログアウトを忘れずに行いましょう。
ちなみに、あなたがもしMSN Explorerを利用しているのなら、
そのなかの「Windows Live Favorites」という機能が、
オンラインブックマークと同じ役割を果たします。

ソーシャルブックマークについて

web上に自分の気に入ったサイトを登録しておく事のできるサイトがあります。
それは、ソーシャルブックマークと言われるサイトです。
この機能は、普通にお気に入りに入れたり、ブックマークするような感覚でできます。
通常のブックマークでしたら、パソコンを変えた場合は利用できずせっかく良いサイトを見つけたとしても、また探し直さなければなりません。
ですが、ソーシャルブックマークは、web上で管理しているので、どこのパソコンからでもログインすれ登録したサイトを利用できます。
また、他の人がブックマークしたサイトを共有できます。
そのため、どのようなサイトが人気があるのか、どこが有益な情報を発信しているのか分かりますし、同じ趣味を持っている人であれば、情報交換ができます。
自分の知っているサイトだけでなく、穴場のようなサイトを見つける事ができる可能性がありますので、より知識を深める事ができます。
さらに、最近話題になっているサイトや多くの人に人気のあるサイトを知る事で、どういったサイトが人気が出やすいのかという勉強にもなります。
そして、ためになるサイトでしたら、自分が勉強する上でも役立ちます。
ソーシャルブックマークのメリットはこれだけではなく、自分のサイトを登録しておく事で被リンクをもらう事ができます。
ですから、複数のソーシャルブックマークに登録しておく事で、SEO対策ができます。
SEO対策や交流のためにも、ソーシャルブックマークを利用してみましょう。

ソーシャルブックマークのデメリット

ソーシャルブックマークには、データの収集、整理、コミュニティなど、たくさんのメリットがあります。
今や、インターネットユーザーの必須アイテムになりつつあると思います。
そして、Webサイトやブログの運営者にとって嬉しいメリットになるでしょうが、グーグルの検索エンジンにおいて長期間の間上位表示ができるという点も魅力ですよね。
このように、ソーシャルブックマークはメリットがたくさんありますが、デメリットの部分についても知っておく必要があります。
●ソーシャルブックマークのデメリット
・ソーシャルブックマークのサービスが終了したら、登録したデータが消えてしまう可能性がある。
・共有パソコンにうっかりログインしたままにすると、個人情報の一部が第三者に知られてしまうリスクがある。
・他にも、SEO対策を施しておかないと、いつかは検索結果から姿を消してしまう可能性がある。
●ソーシャルブックマークとSEO対策
先ほどソーシャルブックマークのデメリットとして、少し触れましたが、SEOについてはどんどんそのアルゴリズムが変化しています。
Webサイトやブログを運営している人は、きっと少なからずSEO対策を意識したキーワード選びやコンテンツ作りをしていることでしょう。
そんな中で、優秀な媒体であると判断される基準は、ソーシャルブックマークに登録された数や、フェイスブックの「いいネ!」ボタンの数が重視されてきているような風潮があるようです。
こうしたソーシャルメディアはウソがつけない世界です。
人の評価がストレートに現れるのです。
もちろんコツコツと基本的なSEO対策も併せて続けなければ安定した上位表示は難しいですが、ソーシャルブックマークの存在も忘れてはいけません。

ソーシャルブックマークのメリットとは

ブックマークはブラウザ単位で利用していくというのが常識でした。
ですが、オンライン上での登録が可能になったソーシャルブックマークというサービスが登場しました。
オンラインにすることで、ブックマークの情報を他ユーザーが共有でき、更に情報の価値を高めることができます。
今回は、ソーシャルブックマークのメリットについて解説していきます。
●ソーシャルブックマークのメリット
・オンラインで管理できるので、どのパソコンからでも利用できる。
 使い方の例としては、あなたが行ってみたいレストランの情報をブックマークしていたとします。
 外出先でそのレストランに行きたいと思ったときに、パソコンがネット環境にさえあれば、すぐにアクセスすることができます。
・パソコンの買い替えがスムーズ。
パソコンは、買い換えるときのデータ移行が大変です。
業者に頼まない限り、全て自分でやることになりますから。
ですが、ソーシャルブックマークだと、どのログインさえすればどのパソコンからでもデータを取り出せるので手間がかかりません。
・共有できる。
他ユーザーとの交流の場にもなります。
ブックマークしたページについての感想やコメントをしたり、「お気に入り」機能で気になるユーザーを追いかけることもできます。
こうしたコミュニケーションは、より生きた情報を得られるきっかけにもなるので利便性が高いと言えます。
但し、もし自分のブックマークを人に見られてしまうことに抵抗のある人は、非公開設定にしてください。
そうすることで純粋にブックマーク機能を利用することができます。

« 過去の記事
 

Parse error: syntax error, unexpected end of file, expecting elseif (T_ELSEIF) or else (T_ELSE) or endif (T_ENDIF) in /home/c0181130/public_html/siteshukyaku.info/wp-content/themes/seojyuku3.11/footer.php on line 191