アーカイブ: 2015年1月

期間限定の集客方法

何をするにしてもタイミングと言うのは大きな要素です。 ネットショップなどを運営している場合、それらのタイミングを逃さずに活用することで利益を引き上げることが出来るようになります。 実社会であってもそれは変わらず、何か

何をするにしてもタイミングと言うのは大きな要素です。
ネットショップなどを運営している場合、それらのタイミングを逃さずに活用することで利益を引き上げることが出来るようになります。
実社会であってもそれは変わらず、何かしらのサービス、イベントを時期や期間を利用することであたかも特別なものであるように思わせることが出来ます。
これを利用することで、期間を限定したネット集客方法として活用することも出来るでしょう。
多くの人が一年で楽しみにしているイベントはいくつもあります。
春であれば花見、夏には海、花火、秋には紅葉、祭りが開催される頻度が高いのもこの季節です。
冬にはクリスマスやバレンタインなどもあり、昨今ではハロウィンなども人気のイベントです。
これらは季節、時期の決められたイベントであり、その期間を逃せば何ら意味のない季節外れなイベントとなります。
ネット集客方法として活用するのであれば、それらのイベントを見越して期間を設け、その期間内に限定的なサービスを展開するなどする事でイベント中の集客効果を期待することが出来ます。
ネット集客方法としては非常に有用な方法ではありますが、気をつけなければならないのは、そのイベントに関連した商品、サービスを提供することが必要です。
例えば、クリスマスイベントに何ら関係のないハロウィンの在庫をイベント商品としても、売り上げが上がるどころか下がる可能性があるでしょう。
イベントに関連した商品、サービスを期間を限定して提供する。
それが重要な要素です。

ブランド力を作る

人は往々にしてブランドに弱いものです。 それがどのような商品、サービスであれ、ブランドと言う力を持っているものに対してはほぼ無条件で高い評価を与える傾向にあります。 ブランド力といってもいいものですが、他にネームバリ

人は往々にしてブランドに弱いものです。
それがどのような商品、サービスであれ、ブランドと言う力を持っているものに対してはほぼ無条件で高い評価を与える傾向にあります。
ブランド力といってもいいものですが、他にネームバリューなどと呼ばれることもあります。
そのブランドが持つ名前と言う力を最大限に使うことで、様々な商品やサービスに付加価値をつけることが出来ます。
これらを利用してネット集客方法とする事も可能です。
ブランドと言うと一朝一夕に出来るものではないと考える方も多いでしょう。
有名なブランドではファッション関係にはプラダやヴィトンなど高級ブランドも多く、それらは質の高い製品を長年作り続けてきたという実績から認められるものです。
それほどに時間をかけることは出来ないと言う方もいるかもしれませんが、問題は時間ではなく、その商品やサービスにブランドが付加されているかどうかでしかありません。
極端に言ってしまえば、ブランドロゴやマスコットキャラクターなどを作ることで、比較的簡単にブランドとしての付加価値をつけることが出来るようになります。
ブランドと言うと高級というイメージがついているかもしれませんが、高級=ブランドではなく、記憶に残りやすい特徴を作り上げることがブランドとなります。
そのサイトにしかない独自の何かを作ることが出来れば、それが自然とブランドとしての地位を確立していくでしょう。
ブランドを作り上げることが出来れば、後は自然にそのブランドがネット集客方法として機能していくことになります。