アーカイブ: 2014年7月

集めた客を逃がさないサイト作り

ネット集客方法と言われると、真っ先に頭に浮かぶのが宣伝ですが、宣伝がネット集客方法の全てと言うわけではありません。 宣伝を行なうこと自体は自分のサイトの存在を知らしめる策としては有効ですが、訪れた客が購入する意欲を掻き

ネット集客方法と言われると、真っ先に頭に浮かぶのが宣伝ですが、宣伝がネット集客方法の全てと言うわけではありません。
宣伝を行なうこと自体は自分のサイトの存在を知らしめる策としては有効ですが、訪れた客が購入する意欲を掻き立てられるかどうかは、宣伝にはほとんど関係しません。
サイトまで誘導するのが宣伝であるならば、購入意欲を掻き立てるために作り上げるのがサイトの作成方法です。
ショップサイト自体はそれほどに難しいものではありません。
簡単に言ってしまえば、ホームページ作成用ソフトがあれば、1時間程度で誰でも簡単にホームページを作ることが出来るでしょう。
ショップサイト自体も同様の時間で作ることは可能です。
しかし、ただ商品を並べて公開すればいいというわけではありません。
分かりやすい、見やすいサイトを作る。
それこそが、宣伝を行なった後に購入意欲を掻き立てるサイトの作成方法となります。
例えば、商品種類が多いショップサイトの場合、同系統の種類の商品を纏めて掲載しておくことで、分かりやすいサイト作りをする事が出来ます。
逆に別ジャンルの商品も一緒に掲載している場合、目的の商品が見つけにくく、探すの面倒なサイト、つまり、購入意欲も失われてしまうサイトということになります。
分かりやすい説明、見やすい構成。
これらを実践することで宣伝などで集めたユーザーの購入意欲を掻き立てることが出来ます。
有名なコンビニエンスストアなどは、入り口からの動線を考えて商品を陳列していることはよく言われる話です。
それはネットショップにも同様だと言うことでしょう。

ホームページの更新も集客には必須

ネット起業を行う際に必ず必要になるのがネット集客方法ですが、ネット集客方法がネット起業の全てではありません。 ネット集客方法で自分のサイトの存在を知らしめることは大切ですが、それ以上にサイト自体のコンテンツが充実してい

ネット起業を行う際に必ず必要になるのがネット集客方法ですが、ネット集客方法がネット起業の全てではありません。
ネット集客方法で自分のサイトの存在を知らしめることは大切ですが、それ以上にサイト自体のコンテンツが充実していなければ利益に繋げることは難しくなるでしょう。
ショップサイトなどの開設を行い、宣伝をして利益に繋げる。
ごくごく当たり前の商売の鉄則です。
開店と宣伝、そして販売。
これらは基本的な商売の流れといっていいでしょう。
しかし、店舗があって宣伝が行なわれ、それが利益に繋がるかと言われた場合、短期的な利益としてはいいかもしれませんが、長期的な利益の場合には難しくなります。
長期的にある程度の安定した利益を上げるためには、コンテンツの充実が必要になるでしょう。
実店舗で言うならば、特売などのセールがそれに相当します。
ショップサイトでも同様に突発的なイベントなどによる値引き、在庫処分と銘打った割引、または新商品の陳列。
定期的にこうしたイベント的コンテンツを増やしていくことが必要になります。
必然的にサイトの更新を行なう必要があり、動的にサイトを運営していくことが宣伝を効果的に活用して集客効果の恩恵を最大限に受けることが出来るようになります。
逆にそうしたコンテンツが不足している静的なサイトは、集客自体もそれほどになく、利益率も悪いサイトとなっていくでしょう。
宣伝だけに固執するのではなく、宣伝の後にはきちんとサイトの更新を行い、コンテンツを十分に用意しておくことが成功へと繋がります。

錯覚していること

間違いだらけの経営感覚

1.デパ地下はなぜ人が集まるのか?
おいしいものや高級食材に行列ができているのはなぜか?

なぜ? 人が集まるの?

答え
○○人口で決まる

2.これからは どんどん多様化に対応していかなければならない!

どうすればいいのか?

○○を広げることが大事!!

ユニクロ しまむらが参考

3.
多品種 少量販売

限定品種 多量販売

少ない品種を多く売る

ユニクロ しまむらが参考

お客さんのほしい商品を ほしい価格で販売する

宣伝手法としての失敗例

ネット集客方法を成功させるために必要な要素として、最も大切なのが宣伝にあります。 どれほどに素晴らしい商品を扱っていても、宣伝自体が行なわれなければ利益には繋がりません。 また、漠然と宣伝をする事も逆に効果が薄いどこ

ネット集客方法を成功させるために必要な要素として、最も大切なのが宣伝にあります。
どれほどに素晴らしい商品を扱っていても、宣伝自体が行なわれなければ利益には繋がりません。
また、漠然と宣伝をする事も逆に効果が薄いどころか反感を買ってしまう要因にもなります。
ネット集客方法を正しく実践するためには、効果的な宣伝を行なう必要があり、正しく効果的な宣伝を行なう事が出来れば、ネット集客方法として最良の結果を生み出すことが出来ます。
自分のサイトの宣伝を行う場合、何も知らずにやってしまう可能性があるのが、迷惑メールに分類されるメール爆撃です。
全く関係のない第三者に自分のサイトの存在を知らせるためにメールを送る、広告メールは、もはや迷惑メール以外の何物でもありません。
過去、そうした迷惑メールが問題になり、現在では規制されていながらも、迷惑メールが止むことはありません。
むしろ、そうした広告メールを送ってくる業者は、ユーザーから敬遠される傾向にあり、宣伝としては下の下と考えるべきです。
同様にSNSサイトなどを利用した宣伝手法がありますが、こちらも様々な問題などがあり、また、それが利益に繋がると言う事もあって、反感を買う可能性の高い宣伝手法でもあります。
いかに自然に商品を紹介し、サイトを紹介するか。
不自然にまるで雑誌の広告のような紹介では反感を買うこともあるでしょう。
低コストで開始することが出来るネット起業ですが、それだけに宣伝などでコストをかけずに行う事は非常に難しくなります。