アーカイブ: 2013年4月

ネットショップの売上アップで大切なこと

ネットショップは、非常に魅力的なものです。
店舗まで行かずに商品を入手できるからです。
多忙な方にとって、今やネットショップは必須なものです。
ネットショップの売上アップのコツは、商品の写真をしっかりと記載することです。
これは、100円の雑貨、インテリア、骨董品、家電、家具など、すべての商品に共通することです。
ネットショップは非常に便利ですが、やはり欠点もあります。
それは、商品をじかに確認できないことです。
もし商品の写真がなければ、汚れていたり、傷ついていたりするのではないか、と心配になるものです。
売上アップのためには、写真をしっかりと掲載することです。
写真があるだけで、売上は大きく変わってくるでしょう。
ネットショップの売上アップに関する写真は、商品の概要がしっかりと分かるようにするのがコツです。
商品を間近で見なくても、本物に触れていることをイメージできるような写真がベストです。
購入する人が気になる部分の写真を掲載するのが、売上アップのコツです。
商品を撮影するときは角度も必要となります。
よい面だけを撮影していても、ユーザーとしては「裏側に傷があるのではないか?」と思うかもしれません。
実際に、傷を隠すようなネットショップは多いのです。
食品ならば、賞味期限や消費期限は長めの商品を取り扱いたいものです。
賞味期限内まであまり期間のない商品を送ってしまうと、次回から利用してもらえなくなる可能性があります。
相手の顔が見えないぶん誠実に対応するのが売上アップのコツです。

中古車屋さんの集客方法

中古車屋さんでの集客方法について考えてみました。

ある中古車屋さんの話です。

 

不人気車種を売ることがなかなかできないので

集客方法を教えてくれとのことでした。

 

不人気車種を安く仕入れて高値で売ることができれば

高利益につながると考えていました。

 

だけど 販売してみれば、不人気車なので 現実は厳しいようです。

相談されて時に あるアドバイスを言いました。

 

そうしたら あることをしたことで不人気車種が高値で売れだしてしまいました。

 

どんなことかというと言葉のマジック イメージの力

音 映像 五感をイメージさせるフレーズです。

 

 

●「この車は 以前のオーナさんは万馬券を当てて、高級車に乗り換えたんですよ」

●「この車は車通の人しか乗らないんですよ」

●「この車は海岸沿いを走るととても映えるんですよ」

●「この車に乗ると幸せな家族を築く人が多いんですよね」

 

などのことをお客さんにいうと成約率があがりましたと報告をもらいました。

 

普通のセールストークは 車の性能 燃費 品質などについていうのですが

そういうことは事前に調べてきているお客さんが多いと思うので

お客さんの知らない情報を提供してあげることが大事です。