アーカイブ: 2012年12月

ホームページでの集客方法~ジャンルにこだわる~

ジャンルにこだわることは、ホームページでの集客方法として基本となります。 何を紹介したいのか分からないサイトは好まれないのです。 コンテンツの種類が豊富なほうが楽しめる

ジャンルにこだわることは、ホームページでの集客方法として基本となります。
何を紹介したいのか分からないサイトは好まれないのです。
コンテンツの種類が豊富なほうが楽しめると思われるかもしれませんが、これはまったくの逆効果なのです。
それよりも、ジャンルを絞ったほうが特定の相手を呼び寄せることができるのです。
スポーツはサッカーにしか興味のないという方は、野球のホームページはほとんど見ないでしょう。
サッカーと野球の情報を一緒に掲載していると、訪問者にとって読みにくい情報となってしまうでしょう。
グルメのホームページを制作するならば、どのような人たちをターゲットにするのかが集客方法として大切です。
高級グルメを求めている人か、庶民的なグルメか、それとも弁当か、などなど。
同じグルメのホームページでも、さらに細かくカテゴリ分けしたほうが集客方法として効率的なのです。
細かくカテゴリ分けすると、逆に集客できないのではないかと考える方もいるでしょうが、そこは安心なのです。
カテゴリ分けすることで、ホームページの内容に興味のある方が集まりやすくなるのです。
これは見込み客の増加にもつながります。
集客方法でターゲットにしたい年代層は、10~30代だと言われています。
この年代は、未婚の方も多いため、自由になるお金が多いのです。
また、若さゆえの積極性もありますから、何かを始めたいと考えている方も多いのです。
集客方法を効率化するためには外せない年代層なのです。

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

ネイルサロン 集客

ネイルサロン 集客方法を見てみると、インターネットを幅広く活用している事が多いのが特徴的です。 来店する方のほとんどがインターネットの情報を確認し、サロンの事を詳しく調べた上

ネイルサロン 集客方法を見てみると、インターネットを幅広く活用している事が多いのが特徴的です。
来店する方のほとんどがインターネットの情報を確認し、サロンの事を詳しく調べた上で足を運ぶという客が多いようです。
ネイルサロンを経営してる方は、ネイルサロン 集客アップにホームページがかなり有効であると知っていますので、ほとんどのネイルサロンでは、自社のサイトを立ち上げ、運営に力を入れています。
だからといって、スタイリッシュで、かっこいいだけのサイトが良いとはいえません。
逆にサイトを立ち上げているからといってもそれが即、ネイルサロン 集客アップに繋がることもありません。
制作したホームページを使っていかに、運営し、ユーザーに見せる事ができるのかという所を工夫しなければ、ネイルサロン 集客には全く効果をあげることはできないでしょう。
例えばはじめてネイルサロンを利用する方の立場になって考えると良いサイト作りができるでしょう。
どのようなネイルの種類があるのか、デザインはどうなっているのか、料金は他と比べると安いか高いのかなどが詳しく掲載されているといいですよね。
その他にもスタッフの顔写真や、資格など本当に任せてもいいのかなど不安になる材料が取り除ける事を情報として掲載しましょう。
さらに日々の業務内容をブログやツイッターで更新すると親近感が湧いてきますので、ネイルサロン 集客に大きく貢献できると思います。

住宅リフォーム業の集客UP

住宅リフォームを経営する時に悩むのは、お客様が集まらないということではないでしょうか。 お客様は、リフォームを依頼する時には大きな額のお金が必要になるという事もありますし、一

住宅リフォームを経営する時に悩むのは、お客様が集まらないということではないでしょうか。
お客様は、リフォームを依頼する時には大きな額のお金が必要になるという事もありますし、一度リフォームしたらしばらくはリフォームできなくなります。
ですから、依頼する会社を選択する場合には信頼できるところを選びます。
経営者側からすれば、そのお客様を獲得するのは難しいですよね。
特に、立ち上げたばかりだと、実績もありませんしいくら腕が良くても信頼してもらうための理由がなければ、お客様が来てくれるのはほとんどありません。
そんな時には、インターネット上でウェブサイトを立ち上げる事が重要になります。
インターネット上は周辺の地域だけでなく、日本全国にみてもらう事ができますし、インターネットでリフォーム会社を探しているお客様もいます。
ですから、ウェブサイトで集客するのは効果的だと言えます。
その他にも、ウェブサイトで集客する時のメリットとしては、営業マンを雇わなくてもよく、資金を減らさなくても集客できる、営業に時間を割かなくてもよくなるなどが挙げられます。
ですから、リフォーム会社で新規のお客様を獲得したいと考えているのでしたら、ウェブサイトを利用していることをお勧めします。
ウェブサイトを制作する場合には、会社概要、過去の実績、経営者の基本的な情報、料金などを記載しておきましょう。
ウェブサイトを運営する事でお客様からの信頼も得られ、売上を伸ばす事ができるのです。

アクセス数に依存しないロングテールSEO

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。 インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。 「面白くないのに、なんで検索上位

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。
インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。
「面白くないのに、なんで検索上位なの」と思えるサイトは多かったはずです。
このようなサイトは、高額な資金をかけて、強制的に検索エンジンの上位表示をさせていたのです。
それゆえ、検索順位と内容が伴わないサイトが多かったのです。
ロングテールSEOでは、悪質なサイトを除外することも可能となるテクニックです。
コアなキーワードを選択することで、大手業者との競争を避けるのです。
そして、確実に見込み客を確保しながら、地道に売上アップを図る方法がロングテールSEOなのです。
アフィリエイトにもロングテールSEOは活用できます。
団体(企業・組織)、商品説明のためには、有益な情報が必要です。
しかし、どんなに有益な情報を提供しても、ライバルが多いと情報を見つけてもらうのが困難になります。
アフィリエイトにロングテールSEOを活用する場合は、商品の使用感、口コミ、コストパフォーマンス、メリットとデメリットなどを紹介するといいでしょう。
大手サイトの場合、検索キーワードに誘導されて、何となくサイトを開いたら、石鹸を販売するサイトだったとします。
石鹸を購入する気がないユーザーは、ページを閉じてしまうことが多いでしょう。
それに対して、ロングテールSEOを実践したサイトだと、石鹸に興味のあるユーザーが集まってくるため、購入に至る確率が高くなるのです。

« 過去の記事