Yahoo

ロングテールを使ったSEOの重要性

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。 それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。 そして、ビジネスの

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。
それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。
そして、ビジネスのサイトを作った場合には、多くの人に見てもらうためにSEO対策を利用します。
検索エンジンの検索結果の上位に入れば、それだけ多くの人に自分のサイトを見てもらう事ができるようになり、売上が大きくなります。
そのSEO対策の中でも主流となっているのはロングテールという方法です。
ロングテールは、元々Amazonなどのような通信販売の特性を解説するためにできたのですが、最近では、売上を上げるための方法として利用されています。
インターネットが普及した時には、Yahoo!検索エンジンが主に利用されていました。
Yahoo!では、検索以外でも様々な機能があるために利用しやすいという事も人気の理由でした。
ですが、最近ではGoogleが使いやすいとして、Googleを利用する人も多くなってきました。
Yahoo!検索エンジンが人気がある時には、ExciteやGooも検索エンジンとして需要もありましたが、現在ではGoogleが多くなっています。
そのため、検索結果が一様になって特定の検索エンジンが上位表示にならなければほとんどアクセスが集まらないという事が起こります。
1つの検索エンジンでは多くの人数を占めてしまうと、アクセスが偏ってしまうため、ロングテールの部分が複雑になる場合があります。

ネットショップの売上アップをロングテールSEOで

ネットショップを運営する方は、ぜひインターネットを使用した集客を実践しましょう。 インターネットマーケティングが一般化したのは数年前からですが、急速に普及し、今や当たり前とな

ネットショップを運営する方は、ぜひインターネットを使用した集客を実践しましょう。
インターネットマーケティングが一般化したのは数年前からですが、急速に普及し、今や当たり前となっています。
ネットを使用しないで宣伝することは、ハンデを背負うことになってしまうのです。
ネット宣伝で取り入れたいSEO対策には、ロングテールがあります。
売れ行きの思わしくない商品を探し出し、マーケティングを展開していくのです。
テレビCMなどの宣伝を見ても分かりますが、大手業者に太刀打ちするというのは大きなリスクがあるものです。
勝てる見込みのほとんどない戦いですから、勝負自体がムダになってしまうことも多いです。
こうしたムダを解消してくれるのがロングテールSEOなのです。
ネットショップのメリットは、商品の置き場に困らないことです。
通常の店舗ならば、通路を確保しなければいけません。
また、人件費の面でもメリットがあるのです。
実店舗とネット店舗で運営をすれば、大きな利益が期待できるわけです。
ロングテール理論は、中小企業の販売戦略として役立ちます。
一般的なSEO対策は、すでに他の業者が実践しているのです。
新規参入し、同じSEO対策を実践したとしても、どうしても不利になるわけです。
そこで、他の業者が目を付けていない商品を探し出し、ロングテールSEO対策を実践していくのです。
ライバルは確実に減るわけですから、ロングテールではアクセスから商品購入に至る可能性が大幅にアップするのです。

« 過去の記事