LPO対策

LPO(ランディングページ最適化)対策

インターネットマーケティングの手法の一つに、ランディングページ最適化というものがあります。 略してLPOと呼ばれ、コンバージョンの最適化やコンバージョン率の最適化を図ります。 ウェブサイ

インターネットマーケティングの手法の一つに、ランディングページ最適化というものがあります。
略してLPOと呼ばれ、コンバージョンの最適化やコンバージョン率の最適化を図ります。
ウェブサイトの訪問者をいかに顧客にし得るか、その比率の向上を目的としたのがLPO対策です。
潜在的な顧客が検索結果広告にアクセスしたときに、リンク先として表示されるウェブページがランディングページです。
リンクや広告について、詳細に書かれたコンテンツが表示されるのが一般的です。
つまり、ランディングページ最適化というのは、ターゲットである閲覧者に訴えるコンテンツやヴィジュアルをウェブページ上でいかに提供するかということなのです。
LPO対策としてターゲティング方法に基づくタイプは、3つです。
●連想コンテンツターゲティング
ルールベース最適化や受動的最適化とも呼ばれ、調査を対象とせずに入手可能な一般情報による顧客のセグメンテーションを作ります。
そこから、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
●予測的コンテンツターゲティング
人口統計情報や過去の購買行動、閲覧パターンなどから顧客の未来の行動を予測して、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
能動的ターゲティングとも、呼ばれています。
●顧客志向ターゲティング
訪問者に付けられたタグやレビュー、評価から、効果が高いと思われるコンテンツを配信する方法です。
ソーシャルターゲティングとも、呼ばれています。

LPO対策におけるテスト

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。 どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。 ユーザーが求める商品やサービスを、

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。
どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。
ユーザーが求める商品やサービスを、サイトの目立つところに置くことも大切です。
スクロールしたり、何度もクリックしてページを辿らなければならないような場所に求めるものがあるのは嫌ですよね。
特に、人間は左端からサイトを見るという傾向があるそうです。
左端の上部に売りたいものを置けば、ユーザーの目につきやすいということになります。
ヘッドラインとも呼ばれる見出しは、ダイレクトマーケティング業界では7割がヘッドラインで決まるといわれるほど重要な要素です。
ヘッドラインで大切なのは、商品やサービスの概要よりも利点を述べることです。
次に、簡単に目的を得られるという提案をすることです。
さらに、信頼性を印象づけるということに集中すれば、ヘッドラインの改良は完璧でしょう。
商品やサービスの利点は、ユーザーの立場になってみれば思いつきます。
実際にサイトを見ている気分になって、商品の利点を自問してみましょう。
価格競争が目立つ昨今ですが、やたらと価格を下げれば売れるというものでもありません。
ユーザーが求めるものは、第一に品質が良いものであることを忘れないようにしましょう。


“LPO対策におけるテスト” の詳細は »

« 過去の記事