Google

ロングテールを使ったSEOの重要性

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。 それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。 そして、ビジネスの

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。
それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。
そして、ビジネスのサイトを作った場合には、多くの人に見てもらうためにSEO対策を利用します。
検索エンジンの検索結果の上位に入れば、それだけ多くの人に自分のサイトを見てもらう事ができるようになり、売上が大きくなります。
そのSEO対策の中でも主流となっているのはロングテールという方法です。
ロングテールは、元々Amazonなどのような通信販売の特性を解説するためにできたのですが、最近では、売上を上げるための方法として利用されています。
インターネットが普及した時には、Yahoo!検索エンジンが主に利用されていました。
Yahoo!では、検索以外でも様々な機能があるために利用しやすいという事も人気の理由でした。
ですが、最近ではGoogleが使いやすいとして、Googleを利用する人も多くなってきました。
Yahoo!検索エンジンが人気がある時には、ExciteやGooも検索エンジンとして需要もありましたが、現在ではGoogleが多くなっています。
そのため、検索結果が一様になって特定の検索エンジンが上位表示にならなければほとんどアクセスが集まらないという事が起こります。
1つの検索エンジンでは多くの人数を占めてしまうと、アクセスが偏ってしまうため、ロングテールの部分が複雑になる場合があります。

ホームページでの集客方法で最も大切なSEO

インターネットをする方ならば、SEOという言葉を聞いたことがあるでしょう。 これは、Search Engine Optimizationの略称であり、日本語に直すと検索エンジ

インターネットをする方ならば、SEOという言葉を聞いたことがあるでしょう。
これは、Search Engine Optimizationの略称であり、日本語に直すと検索エンジン最適化という意味があります。
検索エンジンからの評価を高め、検索サイトで上位に表示させるテクのことです。
ホームページは、人間がチェックして順位を付けているのではありません。
ロボット型検索エンジンなどが機械的に判断しているのです。
検索エンジンによってアルゴリズムが異なりますから、集客方法であるSEOの手法も変える必要があるのです。
検索ロボットにはキーワードを判断する役割もあります。
検索サイトで何かを調べるとき、必ずキーワードを入力するでしょう。
キーワードの人気度によって、ホームページのアクセスも変わってくるのです。
ホームページでの集客方法を最適化するには、何よりもキーワードにこだわる必要があります。
キーワードを上手に活用するコツは、サブキーワードを盛り込むことです。
メインキーワードは、すでに大手企業が自社の集客方法として使用しています。
ライバルのホームページも多いので、検索上位を目指すのは非常に難しいのです。
それよりも、あまり使われてはいないけど、ある程度需要のあるキーワードを使用した集客方法のほうが、高い効果を期待できることが多いです。
士業のホームページの集客方法ならば、地域名を上手に活用しましょう。
弁護士や司法書士などのメインキーワードのほかに、事務所を構えている地域の名称をサブキーワードとして盛り込むのです。

« 過去の記事