自動登録型リンク集

ホームページでの集客方法~自動登録型リンク集の活用~

自動登録型リンク集は、近年までホームページでの集客方法として効果的でした。 検索エンジンでは、他サイトからのリンクを重視する傾向があるからです。 現在の検索エンジン

自動登録型リンク集は、近年までホームページでの集客方法として効果的でした。
検索エンジンでは、他サイトからのリンクを重視する傾向があるからです。
現在の検索エンジンは、以前よりも格段に賢くなっています。
リンクの品質を見極めることができるようになったのです。
自動登録型リンク集などで大量にリンクを獲得しても、検索対象としてマイナス評価されてしまうのです。
ほとんど内容のないリンクだらけのホームページを見たことがある人は多いでしょうが、あれが自動登録型リンク集なのです。
自動的に相互リンクが可能なので、一時期は効果的な集客方法として利用されていました。
しかし、Googleの「PageRank」などでは、低く評価されてしまうようになり、集客方法として利用するメリットは次第に小さくなってきています。
被リンクを大量に集めることで検索評価を上げることができる検索エンジンもありますが、現在はGoogleとYahoo!が主流となっています。
Yahoo!は最近になってGoogleのアルゴリズムを導入したので、これからはGoogleの検索エンジンを意識した集客方法が必要となるのです。
それに伴い、良質のリンクが重視されるようになりました。
健全なホームページからリンクを受けることで、自分のホームページの評価を高めることができるのです。
そのためには、記事内容にこだわった集客方法を確立するべきです。
内容の伴っていないホームページでは、なかなかリンクを貼ってくれる人はおりません。
まずは良質の記事を提供することが大切です。

自動登録型リンク集のメリット、デメリット

掲示板の設置など様々な集客方法がありましたが、その中でも「自動登録型リンク集」というものも次第になくなってきました。 無くなったというよりも利用する人がほとんどいなくなったの

掲示板の設置など様々な集客方法がありましたが、その中でも「自動登録型リンク集」というものも次第になくなってきました。
無くなったというよりも利用する人がほとんどいなくなったのです。
このツールの役割は、名前を見てもわかる通り、自動でリンク集を作ってくれて多くの人とリンクをし合うという便利なツールになっています。
本来であれば、自分でリンク先を探して、直接相手に交渉をしなければなりません。
それに比べて、楽にリンク集を作ってくれるのは、すごく魅力的な方法に思えます。
ですが、このツールにも欠点がありました。
それは、不自然なリンクになってしまうという事です。
あまり評価が高くないサイトばかりに偏ってしまったり、ジャンルの違うところからリンクをもらってしまっていたりと、SEOではマイナスになってしまうという行為を働いている事もありました。
そして、最終的には、あまり被リンクの恩恵を受ける事が出来なかったどころか、不自然なリンク集を作っているという事で、マイナスの評価になってしまう場合もありました。
SEOでは、被リンクは大きな効果を発揮しますが、同じジャンルのサイトからのリンクや「PageRank」なども重要なので、それらを意識したリンクをもらう事も重要なことなのです。
ですから、被リンクを頂く時には自分の目や手で直接もらう事ができるようにしてください。
日々の積み重ねがだんだんと効果を発揮してくれますし、確かですので、努力を怠らずにコツコツ進めてください。