目的

LPO対策の7つのポイント

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。 1.選択肢を少なくする。 目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。 アクショ

LPO対策に大切な、7つのポイントをまとめてみました。
1.選択肢を少なくする。
目的を明確にせずにサービスを追加していくと、ホームページに無駄な情報が増えてしまいます。
アクションの定義を明確にして、他のものは排除していくことです。
2.約束を厳守する。
ウェブページへの訪問者は、ランディングページに辿り着く前に何らかのイメージを抱きます。
ランディングページにブランドカラーが現れていないと、立ち去られてしまう原因となります。
企業が顧客に与えるブランド価値を構築するブランディングは、必要不可欠です。
3.シンプルさを心がける。
ランディングページの見た目がごちゃごちゃしていると、訪問者に迷いが生じます。
常に同じフォントを利用したり、色を統一するのは最低限の要素です。
4.信頼性を心がける。
顔の見えない世界で取引するオンラインの世界では、ユーザーが不安を抱えやすいものです。
保証を付けるなど、ユーザーに安心して使ってもらえる信頼性を作りましょう。
5.親近感をもたせる。
紹介されている商品などを利用している人が、大勢いることを理解してもらうことです。
お客様の声、有名人の利用などをアピールするという手法があります。
6.目的のアクションを目立たせる。
目的のアクションをしてもらうためのフォームやボタンを目につきやすくすることが、重要です。
7.テキストを少なくする。
端的な文章を心がけ、できるだけイメージから訪問者にアピールするほうが効果的です。


“LPO対策の7つのポイント” の詳細は »

LPO対策の目標

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。 しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。 商品の販売を行っているサイトなら、リ

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。
しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。
商品の販売を行っているサイトなら、リピーターを作って買物を継続的にしてもらえるようなことが目標かもしれません。
自分の目標を明確に持っていることで、LPO対策の方法も定まってきます。
まずは、LPO対策の目標を立てておきましょう。
商品の購買や成約など以外の目標では、会員登録をしてもらう、お気に入りに登録してもらうなどの目標もあるでしょう。
ランディングページごとに目標を決めれば、LPO対策も不足なく行えるでしょう。
商品の販売が目的の場合、商品の利点をユーザーに伝えることが一つの目標です。
商品の訴求なら、購入することでユーザーが得られるメリットをわかりやすく伝えることが目標になるでしょう。
送料や支払方法、手数料、発送方法、返品の特約、アフターサービスなど、購入について詳細ユーザーが知りたい情報を完結に表現することも重要です。
LPO対策の目標となることは、このように一つだけとは限りません。
特に、ランディングページをいくつも持っているような場合は、それぞれのページにLPO対策の目標を設定して目標に向かって最適化していくことが必要です。

« 過去の記事