方法

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

アクセス数に依存しないロングテールSEO

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。 インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。 「面白くないのに、なんで検索上位

ただアクセスを集めるだけの集客方法は、もう通用しなくなってきています。
インターネットが普及して、ユーザーの見る目も肥えてきています。
「面白くないのに、なんで検索上位なの」と思えるサイトは多かったはずです。
このようなサイトは、高額な資金をかけて、強制的に検索エンジンの上位表示をさせていたのです。
それゆえ、検索順位と内容が伴わないサイトが多かったのです。
ロングテールSEOでは、悪質なサイトを除外することも可能となるテクニックです。
コアなキーワードを選択することで、大手業者との競争を避けるのです。
そして、確実に見込み客を確保しながら、地道に売上アップを図る方法がロングテールSEOなのです。
アフィリエイトにもロングテールSEOは活用できます。
団体(企業・組織)、商品説明のためには、有益な情報が必要です。
しかし、どんなに有益な情報を提供しても、ライバルが多いと情報を見つけてもらうのが困難になります。
アフィリエイトにロングテールSEOを活用する場合は、商品の使用感、口コミ、コストパフォーマンス、メリットとデメリットなどを紹介するといいでしょう。
大手サイトの場合、検索キーワードに誘導されて、何となくサイトを開いたら、石鹸を販売するサイトだったとします。
石鹸を購入する気がないユーザーは、ページを閉じてしまうことが多いでしょう。
それに対して、ロングテールSEOを実践したサイトだと、石鹸に興味のあるユーザーが集まってくるため、購入に至る確率が高くなるのです。

« 過去の記事