ユーザー

LPO対策での改善

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。 例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。

LPO対策には、サイトでのおすすめ商品を絞り込んで商品に付加価値を付けることも大切です。
例えば、ネットスーパーのチラシでは、お買い得感をユーザーが感じられる企画を見つけることができます。
「限定」や「割引」の文字に弱いユーザーは、多いものです。
プレゼントや会員制のポイントシステムも、リピーターの確保には有効です。
こうした企画は、ランディングページにも応用することができます。
商品の発送を行うときにも、チラシを同封することでお買い得感をアピールすることが可能です。
実は、ほとんどのユーザーは、文字を読まずにイメージで内容を判断しているといいます。
検索サイトでキーワード広告のテキストからアクセスしてくるとしても、流し読み程度だそうです。
つまり、広告はインパクトが強いもののほうが、より多くの人に注目されるとも考えられます。
そのため、LPO対策では、パッと見で内容が理解できるようなランディングページを作ることが効果的です。
色や文字の太さなどを工夫して、目から入ってきやすいページにすることが大切なのです。
よく言われるのが、5歳の子供にもわかるように表現するということです。
ランディングページでインパクトを与えて、すんなり購買に移ってもらえるように工夫してみてください。


“LPO対策での改善” の詳細は »

LPO対策と直帰率

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。 ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定すると

ユーザーがサイトにアクセスしてきても、すぐに立ち去ってしまう確率を直帰率といいます。
ユーザーは気まぐれで飽きっぽく、ほんの数秒でサイトの価値を判断して居残るか立ち去るかを瞬時に決定するといわれています。
アクセス数を稼いでも売上が伸びないのは、ここに原因があります。
つまり、LPO対策を有効に行わなければ、直帰率を高めてしまうのです。
LPO対策を行っているのに売上が伸びないと悩んでいる方は、直帰率を下げる原因を一つずつ解消していきましょう。
サイトが見にくい、文字が多い、目的の情報を見つけにくいといった問題をクリアしていくのです。
見た目でわかりやすく、文字が少ないページ、目的のページまでに移動するページ数が少ないなど、できることは意外とシンプルです。
例えば、マクドナルドのサイトを参考にしてみてください。
最近、マクドナルドではLPO対策を導入して売上アップを図っているそうです。
それだけ、ウェブサイトを確認してから店舗を訪れる人が増えたということですね。
マクドナルドでは店舗販売がメインのはずなのに、ウェブサイトでLPO対策を行うということは、店舗を訪問する顧客とサイトを訪問してすぐに直帰してしまうユーザーとの関係性に注目したということです。
サイトにアクセスしたユーザーの滞在時間を延ばすことで、ハンバーガーが食べたくなる気持ちも高まるというのは納得がいきますね。

« 過去の記事