サービス

LPO対策サービスのいろいろ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。 ・ターゲットキーワードの抽出 様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。 ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザ

LPO対策のサービスには、主要な6つの項目があります。
・ターゲットキーワードの抽出
様々なキーワードを、リストアップして選定していきます。
ビッグキーワードと呼ばれる多くのユーザーからニーズのあるキーワード、ロングテールキーワード、地域キーワードなど、サイトに関連するキーワードを挙げていきましょう。
キーワードの検索数や競合数などを分析して有効度調査を行ったら、ターゲットキーワードと照合して最大限のアクセスアップを計画します。
・キーワードに適したページ作成
検索キーワードからでタ検索結果をたどって満足いくサイトにアクセスできなければ、ユーザーは二度と訪問しない可能性もあります。
検索キーワードを入力したユーザーの心理も読み取って、ユーザーのニーズに応える情報を提供できるよう、サイトを最適化することです。
・ページ内コンテンツの充実
サイトに訪問してもらえても、コンテンツが充実していないとすぐに離脱されてしまいます。
ユーザーが求めてやってきた情報にスピーディーにアクセスできないと、目的を果たせないサイトと判断されてしまうのです。
ユーザビリティを意識して、わかりやすく充実したコンテンツを目指しましょう。
・タグや広告タイトルの作成
検索結果にどのような広告が表示されるかで、アクセス数は変わってきます。
効果的な文章やイメージを使った広告で、ユーザーの興味を確実なアクセスアップにつなげましょう。
・アクセスログ解析の検証
サイト内でのユーザーの動向を調べて、ユーザーのニーズや心理を検証します。
訪問数、直帰率、離脱率、滞在時間、閲覧ページなどが、重要なデータとなります。
・サイト内部の改善とタイトル修正
ユーザーの離脱を成果につなげる前に許してしまうことを防ぐために、サイト内部を見直してタイトルの修正を行います。


“LPO対策サービスのいろいろ” の詳細は »

LPO対策におけるテスト

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。 どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。 ユーザーが求める商品やサービスを、

LPO対策nテストで、何を行えば良いのか迷ってしまっている人もいるかもしれません。
どの商品やサービスが有効かを知るためには、様々なテストが必要です。
ユーザーが求める商品やサービスを、サイトの目立つところに置くことも大切です。
スクロールしたり、何度もクリックしてページを辿らなければならないような場所に求めるものがあるのは嫌ですよね。
特に、人間は左端からサイトを見るという傾向があるそうです。
左端の上部に売りたいものを置けば、ユーザーの目につきやすいということになります。
ヘッドラインとも呼ばれる見出しは、ダイレクトマーケティング業界では7割がヘッドラインで決まるといわれるほど重要な要素です。
ヘッドラインで大切なのは、商品やサービスの概要よりも利点を述べることです。
次に、簡単に目的を得られるという提案をすることです。
さらに、信頼性を印象づけるということに集中すれば、ヘッドラインの改良は完璧でしょう。
商品やサービスの利点は、ユーザーの立場になってみれば思いつきます。
実際にサイトを見ている気分になって、商品の利点を自問してみましょう。
価格競争が目立つ昨今ですが、やたらと価格を下げれば売れるというものでもありません。
ユーザーが求めるものは、第一に品質が良いものであることを忘れないようにしましょう。


“LPO対策におけるテスト” の詳細は »