キーワード出現率

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

ロングテールSEOが役立つサイトとは?

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。 健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。 それゆえ、ライバルが増えすぎてしま

ロングテールSEOが適したサイトは、ひとことで言えばマニア向けのサイトです。
健康や美容、肥満対策などは、誰もが関心のある事柄です。
それゆえ、ライバルが増えすぎてしまい、後から参入する業者は勝ち目がないわけです。
ロングテールSEOは、士業の集客で活用されることが多いです。
士業というのは、ほとんどが地域密着型の運営を展開しているものです。
司法書士にしても税理士にしてもそうでしょう。
司法書士と入力して検索した場合、無数のサイトが表示されますが、司法書士と「エリア名」を合わせて検索すれば、表示されるサイトはぐっと少なくなります。
それにより、エリア内の客層を集めることができるのです。
これが、ロングテールSEOの基本となるのです。
ロングテールSEOを実践するからには、役立つ情報を提供することが必要です。
キーワードにこだわらない方法であるため、自由度の高い文章が書けるようになるのです。
今後は、不自然な文章のサイトは減っていくでしょう。
検索エンジンの本来の目的は、有益な情報を提供することなのです。
必要な情報をすぐに入手できるからインターネットの意味があるのです。
しかし、近年のサイトはそれができなくなっています。
目的のサイトに行き着かず、時間ばかりを費やしてしまうという方は多いでしょう。
こうしたムダな時間を無くすためにも、ロングテールSEOは役立つのです。
ロングテールSEOを実践する方は、サイトのコンテンツを充実させましょう。

« 過去の記事