税理士 集客方法

平成24年4月24日火曜日は検索業界に限って言えば忘れられない一日となった。当日、最初のペンギン・アップデートが実行されると、SEOと関係がある業界は懸念する声や賛成の声が上がり、てんやわんやの一日となった。

検索エンジン登録代行で登録できるのは、中規模な検索エンジン、50件に満たない程度です。しかし、登録ができる検索エンジンのファイルは見られません。

SEOの企業やホームページを作成する業者が地域にまつわるキーワード対策を度を超して講じても、不自然なサイトになってしまい、独自性を打ち出すのはかなり困難だと思われます。

たくさんのWEBサイト集客方法があります。その中でもコストパフォーマンスが良く、なおかつ低コストで実施できる集客方法となれば、何と言ってもSEO対策がお勧めです。

SEO対策というものは、検索エンジンの最適化というもので、検索エンジンに自分のサイトがどんなにその目的にとって最適か、その計画をてきぱきと設計できるかという技術対策の総称です。

トップページをとりあえず訪問する、つまり“ランディング”するユーザーは訪問者全体の3割弱。それ以外のユーザーというのは、トップページを素通りしてコンテンツページに直でやって来るのです。ですから、そこにランディングページ最適化対策がもつ意味があります。

パンダアップデートのおかげでアクセス数が劇的に減少し、それと比例してHPの収益が急落しているインターネットサイトが非常にたくさん存在しています。

SEOにおいて衛生サイトと呼ぶとき、その主要な狙いは自作自演のリンクを作成することです。それは何かというと、自分でドメインが異なるサイトを用意してそのサブサイトから本来のサイトにリンクを提供するのです。

競合サイトと似たような集客方法ばかりしていては、決して稼げないのが世の常です。集客というものは、手法を複合的にクロス利用した実利として得られるものなのです。

アクセス数が多くないインターネットサイトや起ち上げてすぐのWEBサイトに必要なのがサブキーワードへの善後策もしくは地域特有のキーワード対策になります。

情報提供が主な役目の衛生サイトでは、公算のもてる優良客のアクセスがたとえあったとしても、ページを見てもらう回数が増えるだけのことで会員登録や資料請求といったコンバージョンという直接の利益にはつながらないのです。

重要なメインキーワードを補完するワードを組み合わせることで、検索エンジンでの検索順位においての上位表示のチャンスが高くなることになり、補助的な役割を果たす単語として地域特有のキーワード対策が大事なのです。

ページランクを上げるためには、高いランクのWEBサイトからのリンクの数が多いほど効果が高いのは当然だ。低ランクのサイトからの被リンクだとしても、絶対数さえあればページランクが上がる可能性はある。

SEOに関わる人でさえ、ページランクの高さを「グーグルに大変良いサイトだと評価されている」なんて考えている人も少なくないようで呆れますが、本来そういうものではないと頭に入れておいてください。

ロングテール対策というのは、所定のキーワードを重んじたSEO対策でなく、様々な核となるキーワードでのSEO対策となります。将来的に標準となるSEO対策で間違いありません。

税理士 集客方法はお任せください

«