整体 集客

パンダアップデートとは要するに、Googleが実践している検索アルゴリズムの改善策の名前です。同じような名前のペンギンアップデートは外部への対策ですが、パンダアップデートは内部への措置になります。

よく耳にするパンダアップデートとは、利用者たちがより良質の確かな検索結果を入手できるようにし、検索エンジンの環境をより良質なものへと更新していくものです。

トップページをとりあえず訪問する、つまり“ランディング”するネットユーザーの割合は30%弱。その他のユーザーというのは、トップページを素通りしてコンテンツページに直でやって来ることになるのです。ですから、そこにランディングページ最適化対策の意味が存在するのです。

ページランクにおいての評価の基準では、作って間もないページやインデックスされていないサイト、すごく評価の低いサイトはランク0、それか評価なしともなります。

平成24年7月18日に、日本にもあのパンダアップデートが入ってきました。このシステムの導入によって、キーワード検索結果の約4%に様々な影響を与えるというのはあまり知られていないようです。

サイトをガラッと作り直すのではなく少しだけ配置を変えたり、見せ方や表し方を変えるだけで、成果の数字が2倍や3倍になるのもよくある話です。こんなランディングページ最適化対策がかなり大切なのです。

ページランクというのは、「他サイトから多くのリンクがされているページは重要度が高い」との観点からグーグルが編み出した、サイトの重要度合いを表すひとつのガイドラインです。

検索エンジン登録代行というサービスは、手間のかかる検索エンジンへの登録作業をサイト管理者に代わって行なってくれる非常に便利なサービス。スパムに分類されないために、丁寧に徐々に登録をしてくれるところもあります。

SEO対策とは何かというと、検索エンジンの最適化というもので、検索エンジンに対して、自分の作成したサイトがこんなにその目的にとって最適か、その計画をより効率的に組み立てられるかという技術対策のことを意味しています。

SEOの会社やウェブを作る業者が地域に関連したキーワード対策を無理に施したとしても、無理矢理なサイトになるだけで、独自性を表現するのはかなり難しいものです。

大事なメインキーワードを補完する単語を組み合わせることで、検索エンジンにおけるランキングで上位表示できる現実性がアップし、サポート的な役目を果たす単語として地域特有のキーワード対策が重要なのです。

パンダアップデートにおいて中身のないホームページや情報をコピーしてきただけのホームページの重要度合いを下げ、そのHPからリンクされたHPも検索結果の表示順位が下がることになります。

パンダアップデートというのは、良質でないサイトが検索結果にできるだけ映し出されない対策として、それとは逆に良質なWEBサイトをできるだけ上位表示することに狙いをつけて編み出されました。

SEO従事者でさえ、ページランクの高さを「グーグルに、より一層良いサイトだと評価されてるんだ」等と思い込んでいる人もたくさんいて驚いてしまいますが、実はそういう事じゃないんです。

検索エンジン登録代行サービスとは、自分のホームページがヤフーやグーグルなどの検索エンジンにて上位に表示させるために、リンクされることによって生じる効果が非常に高い選りすぐりの検索エンジンへの登録申請の代理をしてくれるとても便利なサービスです。

整体 集客はお任せください

«