有用なニッチキーワードの探し方

これまでのSEO対策と言えば、検索されやすいようなキーワードでサイトを作っていき、上位表示を目指す事でアクセス数をあげる事が主流となっていました。
ですが、これまでのSEO対策では、自分のサイトの趣旨と若干違う内容のコンテンツを書かないと行けなかったり、文章が若干違和感を感じるようになるなどの場合があります。
そんな時に出てきたのはロングテールSEOです。
ロングテールSEOでは、これまでのように検索されやすいキーワードを使うのではなく、あえて利用されていないようなキーワードを利用する事が重要となっています。
そこでは、ニッチキーワードを利用されていて、これまであまり考えられていなかったキーワードで上位表示させることでアクセスを集める事を目的としています。
また、これまでのSEO対策では、自分の好きなようにサイトを吊る事ができないなどの場合があったのですが、ロングテールSEOでは、ほとんど自由にサイトを作る事ができます。
その際には、どのようなニッチキーワードを選択するかが重要な項目となっていて、集客されやすいキーワードを選択する必要があります。
ロングテールSEOの場合は、一時的に流行で使われているようなキーワードではなく、普段から安定して検索されているようなキーワードを選択する必要があります。
また、あまりに多く検索されていて、他のサイトもそのキーワードでSEO対策をしているようなキーワードではなく、ある程度数があって、検索数が少ないキーワードを選択しましょう。
そうすることで、安定してアクセスを集める事ができるようになっています。

«
»