SEO対策の注意点とロングテールSEO

SEO対策をする場合には、様々な注意点があります。
SEO対策はずっと同じではなく、日々何か変わっています。
ですから、現在主流になっているロングテールSEOがSEOには有効だと言われています。
ロングテールSEOとは、これまでとは違って、ほとんど逆と言えるようなSEO対策になっていますので、従来のSEO対策をしている人はサイトを大きく変えなければならない場合があります。
ロングテールSEOをする上での注意点とは、検索回数が減ってしまうという事があります。
ロングテールSEOをする場合、対象のキーワードを知らない人ではサイトにたどりつく可能性が激減してしまうので、検索が減ってしまう場合があるのです。
例えば、「サッカー」について知りたいと思っている人は「サッカー」や「サッカー選手」などのように、広い範囲で検索する人も少なくありません。
従来のSEO対策でしたら、このように多くの人が検索しているようなキーワードに対策をして、なるべく多くの人を集めようとしています。
そのため、多くのサイトと競って勝たなければ上位表示ができなくなっているのです。
ロングテールSEOの場合は、メジャーなキーワードを避けて、コアなキーワードSEO対策を行う事でアクセスを集めたりリピート率を高めることにを重点的に行っています。
従来のSEO対策でしたらコアなユーザーも離れてしまう可能性がありますが、このように、特定の事に興味を持っているような内容の濃いサイトを作る事で、売上も伸ばしていくのです。

«
»