ロングテールSEOで守るべき事

検索ワードに頼ったような従来のSEOを利用しても、以前のようにアクセス数を伸ばす事は難しいと言われています。
現在よく利用されているSEO対策としては、ロングテールSEOが有名です。
従来のSEO対策は、検索ワードに頼ったようなサイトを作る事を意識しているのですが、ロングテールSEOは、ほとんどその逆の事をしています。
そのため、従来のSEO対策を一生懸命していた人はあまり理解できない部分もあるのかも知りません。
確かに、従来のSEO対策も効果があるのですが、大きな起業や本格的にSEO対策をしている人に勝って、上位表示させるのは至難の業です。
ロングテールSEOでは、サイトの中で誠実になります。
仮に検索ワードをサイト内にちりばめたとしても、その内容が伝わりにくかったり、めちゃくちゃな内容であれば、ほとんど意味のないものとなります。
ロングテールSEOは、リピーターになり得る可能性の高いユーザーを集め、アクセス数にプラスしてリピートしてサイトに来てくれるユーザーを作りだす事が重要です。
ですから、内容を濃くして伝わりやすく作る事もできますし、リピーターを獲得しやすくなります。
誠実なサイトを作るというと一見簡単なようですが、情報が多くある中で盗作や引用、転載、コピーなどをしている場合はサイト自体が潰れてしまう可能性があります。
炎上や祭りと言われているように、サイトが一度荒れてしまうと閉鎖になったりスパム行為として取られ、サイトにペナルティーがかかる可能性がありますので気をつけなければなりません。

«
»