ロングテールSEOをする上でのサイト作りの心構え

SEOは本来、集客を目的として行われていました。
自分が時間や手間をかけて作り込んだサイトをできるだけ多くの人に見てもらいたいと思うのは、当然の事です。
ですが、仮にアクセスが多くなったとしても、リピーターが少なくて、一度見に来た人が二度と見に来なくなってしまってはほとんど意味がありません。
ですから、せっかくSEO対策をするのでしたら、なるべくユーザーが定着してくれるようなサイトを作って、アクセスを集めましょう。
その方法として有効だと言われているのがロングテールSEOです。
ロングテールSEOは、これまでのSEO対策のようなサイトを作るのではなく、ニッチキーワードを絞り込む事でキーワード使って集客知る事を目的としています。
そのため、SEO対策を重要視するのでなく、ほとんど自由のコンテンツを作成できるようになっていますので、読みやすくて見やすいサイトを作る事ができるようになるのです。
ロングテールSEOは、アクセスアップにも有効な方法だと言われていますが、その反面これまでのSEOよりも労力が必要とされます。
ロングテールSEOを使うと、サイトに来るのはライトユーザーよりは、コアなユーザーの割合が多くなります。
そのため、サイトを見てもらった時に事実と違う事を書いていたり、内容が浅い場合はユーザーが定着せずに、すぐに違うサイトに行ってしまうなどの問題があります。
そのため、サイトやコンテンツの質を高めていくように日々努力していく必要があります。

«
»