ロングテールSEOでキーワードを最適化

サイトを運営するならば、キーワードの最適化は必須となります。
これは、ロングテールSEOを導入する場合も同様です。
キーワード検索なしで、自分のサイトに訪問してくれる人は皆無に近いです。
みんな、何らかのキーワードを入力し、サイトに行き着いているのです。
キーワードの最適化は、非常に難しいのです。
ライバルがいないと考えれば、最も検索回数の多いキーワードを使用すればいいのです。
しかし、使用したいと思っているキーワードには、すでにライバルがいることが多いです。
誰もが使用しているキーワードで検索上位を目指すのは無理があるのです。
そこで必要となるのが、ロングテールSEOの手法なのです。
ロングテールSEOでは、メインキーワードよりも記事にこだわる必要があります。
メインキーワードをたくさん含めても、現在の検索エンジンは上位表示に反映されにくいのです。
それよりも、メインキーワードの数を減らし、ニッチキーワードを増やしたほうが、見込み客を確保しやすくなります。
そのためには、記事内容にこだわる必要があるのです。
見込み客が増えるということは、自分のサイトのファンが増えるということです。
記事作成の手を抜いてしまえば、アクセスはどんどん減っていきます。
ロングテールSEOでは、更新回数も維持したいものです。
更新回数を増やすことで、使用するキーワード数も増やすことができます。
1記事内に無理にキーワードを盛り込む戦法と比べて、検索エンジンの上位表示を狙いやすいのがロングテールSEOなのです。

«
»