ニッチキーワードとスモールキーワードの相違点

現在自身のサイトのアクセス数を増やし、できるだけ人を集めたいと考えている人は、SEO対策をとっているとおもます。
そのなかでビックキーワードという言葉を耳にすると思います。
ビッグキーワードとは、検索の際にメインとなる単語のことなのですが、ビックキーワードの対義語として活用されるのがスモールキーワードです。
頻繁に検索されるキーワードがビッグキーワードですから、あまり検索されないキーワードの事をスモールキーワードと読んで区別しているようです。
SEO対策を考えるとき、あまり検索されないキーワードであれば、それほど重要なものであるとは思えないという方もいるでしょう。
ですが、現在主流としているロングテールSEOを行う場合は、あまり検索されないであろうスモールキーワードの存在こそが、キーポイントとなるのです。
ロングテールSEOの考えでいう、スモールキーワードとは、ニッチキーワードのことなのですが、ニッチとは、隙間とか限界といった意味を持つ単語のようでスモールキーワードとは少し意味が違います。
時々隙間キーワードという方もいるようですが、これからも分かるように、ニッチキーワードとは、それほど使用されない単語、言い換えると、少ないけど検索に必要な単語という解釈も出きますよね。
もっとわかりやすくいうとメインキーワードで検索をすると情報として上がっている記事は、ものすごい膨大な数になりますのでさらに絞りこみをかける為に使用するサブ的なキーワード、それがニッチキーワードとなります。
ここがスモールキーワードとニッチキーワードの違いです。
スモールキーワードというのは、その単語自体が独立して検索ワードとしての活用がある、しかし需要がそれほどないキーワードの事をいいます。
ですからスモールキーワードを活用するとそれほど集客率をあげることはできないでしょう。
スモールキーワードはビッグキーワードの逆でそれほど需要がないということです。
それとは違ってニッチキーワードは、メインキーワードをさらに絞り込む時に必要不可欠なキーワード、ニッチキーワードですからロングテールSEOと考える場合には、重要な意味を持つと言えます。

«
»