ロングテールSEOで使われるフィルターとは

ネットショップによりビジネスを展開している大手企業や個人事業者は、どのような方法により自社のネットショップへ顧客を旧客出来るの等、ネットショップマーケティングに取り組んでいます。
いまや企業が自社のホームページを持つという事は当然の事で、運営している以上できるだけ多くの方に見てもらう必要があります。
ただホームページを掲載しているだけでは、アクセス数をあげることは難しいですから、そのためにもSEO対策が必要不可欠と言えます。
様々な企業がSEO対策を駆使し、少しでもアクセス数を上げ集客に結び付けられるようにと研究をしています。
近年SEO対策も非常に様々な考え方があり、多種多様化されていますが、ロングテール理論というものをネットビジネスに実践する事で、業績をあげるという成果につながるとして注目されています。
ロングテール理論をネットビジネスに応用する場合には、様々な考え方があります。
最も多くの方が活用されているものに、検索エンジンヘの活用があります。
日本の検索エンジンには、全文検索型のGoogleやgoo等が有名で、ディレクトリ型ではYahoo! JAPANがあります。
一般的には、人気の検索キーワードを使用するのですが、ロングテール理論上では、頻繁に活用されている20%の上位キーワード以外のそれほど検索にかからない80%のキーワードを活用して集客を狙います。
縦グラフの部分ではなく、横つまりテール部分のキーワードに着眼することをIT用語では「フィルター」という言葉を使います。
選別、抜き出しといった意味を持つ「フィルタリング」という言葉で表現する人もいますが、一定の条件のもとテキストデーターを選別したり排除したりする自動化システムの事をいいます。
例えば、サーチエンジンで有名なGoogleやYahoo!等の場合は、多くの人が検索しているであろうキーワード等の検索結果数は、非常に多くなります。
つまり「フィルター」を施さず、アットランダム的に検索を使用すると検索結果は自ずと莫大な量になります。
膨大な検索数の中から自分が求めているものを探すというのは、非常に困難であることがわかります。
中でも人気の高いキーワードは、検索結果数も莫大でその中から自社のサイトを見つけてもらうのは不可能とも言えるでしょう。
ですから検索されにくそうなキーワードを使用するという逆の発想で、サイトを見つけてもらうというSEO対策が必要となるのです。
そこで多くの企業は、できるだけ選び抜かえたサイトにする為、アクセス数やキーワード等の繋がり考え、要素を取り入れる工夫をし、上位に表示されるようなフィルタリングを活用したSEO対策に
そして企業はこの関連性を考え、あの手この手を活用したフィルタリングを用いてSEO対策をこらしているのです。

«
»