ロングテールSEOが有効なサイト

SEO対策をする場合は、検索ワードを中心にしたサイトを作ることが重要となります。
検索されやすいキーワードでサイトを作って、そのキーワードで検索された時に上位表示されることによりアクセス数を多くする事ができるのです。
この方法が従来のSEO対策となっていましたが、この方法でSEO対策を行ってしまうと、キーワードを使いすぎて文章が不自然になったり、同様のキーワードがならべられて違和感を感じます。
ですから、最近では、あまりキーワードに頼らないようなロングテール理論を利用する事をお勧めします。
SEO対策をする事で、検索結果の上位に入り、アクセスアップを期待できるようになりますが、それ以上にリピート率が低くなってしまっていたり、商品などを購入する確率が低くなる場合があります。
その点、ロングテール理論ですと、リピーターにも期待できますし、アクセス数を多くする事もできるようになっています。
そうすることで、購入率やリピート率も高いままサイトを作る事ができるようになります。
ロングテール理論では、普段あまり使われていないキーワードでもアクセスをする人がすごく興味があって、上位表示された時に購入してくれるという事が狙いとなっています。
そのため、タイトルとサイトの内容が一致しないという事や言っている意味が分かりにくくなるなどの場合もほとんどありません。
ロングテール理論の場合は、サイトとかみ合わない内容を書いてしまったり、内容が良くわからないなどの状況になりにくいというメリットや上位表示されやすいキーワードを利用する事で、アクセスアップもできるというようなメリットがあります。

«
»