ロングテールSEOに必要なニッチキーワードとは

ニッチキーワードは、ロングテールSEOを行ううえで必要となります。
あまり検索されていないキーワードを使用することで、検索対象を最適化することができるのです。
サイトやブログで使用されるキーワードは、主に3つの種類があるのです。
ビッグキーワード、スモールキーワード、ニッチキーワードになります。
ビッグキーワードとは、サイトにおける主要キーワードのことです。
スモールキーワードとは、あまり検索されないキーワードのことです。
ニッチキーワードは、スモールキーワードと似た意味で用いられることが多いですが、正確には対象を絞るために利用するキーワードになります。
ロングテールSEOで使用するニッチキーワードは、1日に1,000回くらいの検索があり、なおかつ競合ライバルの少ないキーワードがベストです。
競合が多いと、アクセスが分散されてしまいます。
その結果、自分のサイトを見てもらえる確率が低くなってしまうのです。
ロングテールSEOの手法では、ニッチキーワードによって結果が決まると言っていいでしょう。
コアな客層を確保できれば、地味ながら売上アップにつながります。
大手サイトのように一気に儲けるのではなく、コツコツと利益を追求できるのがロングテールSEOなのです。
ロングテールSEOの手法は、効果が安定しやすいのも利点です。
更新回数が減っても、いきなりアクセスが激減することは少なくなります。
これは、それだけファンが増えたという意味なのです。

«
»