ニッチキーワードについて

現在ほとんどのSEO対策に活用されているロングテールSEOですが、効果的に利用する為にもニッチキーワードに注意をする必要があります。
しかしロングテールSEOやSEO対策が全く分からないという人にとっては、ニッチキーワードの意味自体分からないかもしれません。
ニッチキーワードに注意をしなければいけないけど、何をどう注意したいいのかと迷う事があるでしょう。
ニッチキーワードの意味を理解し、どのようなものであるのは把握することでより効果的なロングテールSEOを活用できるでしょう。
通常キーワードと言われているものには大まかに3つに分けて考えられています。
その3つとは、ビックキーワード、スモールキーワード、ニッチキーワードです。
ビッグキーワードとは、一般的検索されるメジャーな単語で、ビックキーワードで検索をすると膨大な情報を得る結果になるでしょう。
ではスモールキーワードはどのようなものかといいますと、検索される確率が非常に低い単語の事を言います。
ロングテールSEOと重要なつながりがあるニッチキーワードとはどのようなものかといいますと、ビックキーワードを検索する場合のサブ的な単語となります。
つまり、より絞った検索をしたい場合に使用する為の単語で、サブキーワードとも呼ばれるようです。
ニッチキーワードは、ロングテールSEOを活用する場合に大変重要なポジションを担っておりますので、把握しておく必要があるのです。
ではサブキーワードイコールニッチキーワードと言えるのかというと、そうでもありません。
ニッチキーワードとは、競合性が低く、かつ検索される可能性が高いという事が条件となります。
慣れるまでは何がニッチキーワードであるのか少々難しく感じられるかもしれませんが、メインキーワードを検索する場合、どのような単語を活用するとより絞り込みができるのかというのを考えてみると良いでしょう。
ニッチキーワードを探す場合の目安としては、1日1000回以上は、検索されている単語をターゲットにするといいでしょう。
自分の最後に1000回ものアクセスがない場合は、目安としては難しくなるでしょう。
しかし毎日数字を取ることで、平均的な検索状況を知る事ができるはずですから、そこから何がニッチキーワードであるのかを確認できると思われます。
ニッチキーワードを調べるというのは、自分のサイトのアクセス状況等細かな部分に注意する事も出来ますので、これまで以上に充実したサイト作りにも活かす事ができると思います。

«
»