ロングテールSEOと集客の厳選

集客のためには、見込み客を絞ることが大切となります。
従来のSEO対策というのは、「数を打てば当たる」という戦法でした。
不特定多数の訪問者を対象としていたため、文章に無理にキーワードを盛り込んだりして、結果として読みにくいサイトになっていたのです。
このような集客法は、しだいに廃れつつあります。
固定客を得ることが難しいからです。
期間限定で一気に儲けるには向いていますが、安定した運営をするためには適さないのです。
そこで必要となる手法がロングテールSEOなのです。
ロングテールSEOは、サイト運営者がターゲットを厳選できるのがメリットなのです。
見込み客を増やしやすいため、成果率が高くなるのです。
商品を購入する気がない相手を100人集めるよりも、購入しようかどうか迷っている相手を10人集めたほうが、成果率は高くなるのです。
実店舗による運営の場合、店が客を厳選することは、得策とは言えません。
しかし、ロングテールSEOを導入したサイトでは、これが当たり前なのです。
ネットサイトにおいては、ユーザーが自分の意思で購入するわけですから、クレームが来ることはないのです。
ロングテールSEOは、これからのサイト制作で必須となっていくでしょう。
すでに、過去のSEO対策は限界に来ているのです。
一部のサイトが利益を上げることは可能ですが、その利益は一点集中している状態なのです。
これを解消できる方法として、ロングテールSEOが注目されています。

«
»