ロングテールSEOとミドルキーワードの選択

検索サイトで使用されるキーワードには、さまざまな種類があります。
最もよく使われる「ビッグキーワード」、使用者が少ない「スモールキーワード」、ビッグキーワードと併用する「ニッチキーワード」などがあります。
また、「ミドルキーワード」と呼ばれるものもあります。
ロングテールSEO対策で用いられるものです。
ニッチキーワードと似ており、ほぼ同じ意味で用いられています。
携帯電話を例にした場合、「携帯」「ケータイ」「ドコモ」「ソフトバンク」「au」などがビッグキーワードになります。
そして、「料金」「プラン」「比較」などはスモールキーワードです。
ニッチキーワードは、「機種」「充電器」「折り畳み」などがあります。
これらのキーワードは、ビッグキーワードと併用して使われることが多いです。
ロングテールSEOの対策として利用することで、訪問者を厳選することができるのです。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードがポイントとなります。
商品を利用したい客を集めるためのキーワードなのです。
「携帯電話」などのキーワードは、携帯の購入が目的でなくても、使用することはあるでしょう。
しかし、「携帯電話」「充電器」の2つのキーワードが使われれば、「携帯電話の充電器を探している人がいる」と大まかに分かるはずです。
ロングテールSEOは、見込み客を絞るためのSEO対策です。
資金をかけずに、売上アップを狙いたいサイトにとって最適なのがロングテールSEOなのです。

«
»