ロングテールSEOにおけるスモールキーワードとニッチキーワード

今までのSEO対策では、ビッグキーワードが主に利用されてきました。
これは、メインキーワードのことです。
これに対して、検索回数の少ないキーワードのことを、スモールキーワードというのです。
ロングテールSEOでは、あまり検索されないキーワードを使うのがコツです。
そこで使用するのが、ニッチキーワードと呼ばれるものです。
こちらは、「隙間」「限定的」などの意味があります。
スモールキーワードと似ていますが、少し違っています。
ニッチキーワードの場合は、条件を絞り込むという意味合いが強いのです。
見込み客を確保するために利用されるのが、ニッチキーワードなのです。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードが必須となります。
「格安」「口コミ」「体験談」などの言葉がニッチキーワードとなります。
これらのキーワードは、単体で使用することはほとんどないでしょう。
しかし、健康食品やスキンケア用品などを購入する際は、これらのキーワードをサブとして使用するはずです。
ニッチキーワードによって、ロングテールSEOの効果は異なってきます。
上手に集客するためには、利用者が少ないニッチキーワードを探しましょう。
それでいて、検索回数は多いキーワードを選択しましょう。
ニッチキーワードを使用したロングテールSEOは、小規模な商用サイトを運営する場合に役立ちます。
大手ライバル業者に真っ向から勝負を挑んでも、ほぼ勝ち目はないでしょう。
それよりも、ロングテールSEOの手法により、ライバルの少ないステージを選んだほうが確実です。

«
»