サイトを見直す為にはミドルキーワードを理解しよう

インターネットの検索を活用して情報を得る場合には、色々なキーワードを使います。
一言でキーワードといっても様々なタイプに分類することができます。
例えば、大勢の人が頻繁に活用するキーワードを「ビッグキーワード」といい、それとは逆にあまり頻繁には検索単語として活用しない「スモールキーワード」、メインのキーワードであるビックキーワードを検索し、情報の絞り込みをかける時にサブ的な役割をしてくれる必要不可欠な「ニッチキーワード」などに分けて考える事ができます。
しかしここのどのタイプにも属さないキーワード、それが「ミドルキーワード」といいます。
現在主流のロングテールSEOを行う時には、このミドルキーワードは、重要な存在でもあるニッチキーワードと同じような意味を持っているといいます。
ロングテールSEOの目的は、コアユーザーを定着させるために魅力的なサイト作りをするという事があります。
コアユーザーを自信のサイトに固定させるためには、ミドルキーワードもニッチキーワードも必要不可欠なキーワードなのです。
しかしミドルキーワードといっても一体どのようなキーワードであるのか悩む人もいるでしょう。
例えばケイタイ電話の例を取り上げて説明をしますと、ビッグキーワードは当然「携帯」ですよね。
その他にも「ケータイ」、「ドコモ」、などの各ブランド名が上げられます。
それに対してスモールキーワードが「価格」、「口コミ」、「メニュー」となり、これらすべてに当てはまらないとキーワードを考えると「タイプ」や「充電器」といった物があります。
ミドルキーワードとは、ニッチキーワードとして見せる事ができると考えられるのです。
自分のサイトでは何を伝え、何を販売したいのか等まずは趣旨を明確にし、適切なビッグキーワードやスモールキーワードを配置することで、自然とミドルキーワードを調べる事が出来るでしょう。
ロングテールSEOを行う時には、このミドルキーワードを理解し、適切に使用する事が必要です。
ミドルキーワードとニッチキーワードは、同じように考えても問題ないと思います。

«
»