ロングテールSEOで失敗しないために

ロングテールSEOは、これからどんどん普及していくでしょう。
検索エンジン最適化の手法は、時代とともに変わっていくものです。
しかし、初めてロングテールSEOを導入する方は注意も必要です。
間違った方法で実践しても、思うような効果は期待できないのです。
ロングテールSEOは、集客率を増やすうえで役立ちます。
検索回数は減りますが、見込み客が増えますから、結果として利益に結びつきやすくなるのです。
つまり、従来のSEO対策とは真逆の方法なのです。
ロングテールSEOでは、検索回数の多いキーワードをあえて除外します。
コアなキーワードを盛り込むことで、確実に興味のある客層を集めるのです。
例えば、昔のゲームソフトの「ゼビウス」を対象としたサイトを制作する場合、ほぼマッチングした訪問者が訪れると考えられます。
ゼビウスという名前を知っている方は、ほとんどが当時のプレイヤーです。
ただし、ロングテールSEOにも注意点があります。
趣味で運営するサイトならばマニアックでもいいですが、商用サイトとなればある程度の検索回数が見込めるキーワードにしたほうがいいことです。
マニアックすぎて検索されないのでは、本末転倒になってしまいます。
ロングテールSEOを導入する際は、そこそこの需要はあるけど、他のサイトではあまり使用していないキーワードに着目しましょう。
サイトを制作する前に、「どのような内容にするべきか」について具体的に決めておきたいものです。

«
»