ニッチキーワードを調べる事から始める

最近では、ロングテールSEOを利用して、SEO対策をしているサイトが多くあります。
ロングテールSEOでは、キーワードに頼らないで自由にサイトを作る事ができるので、サイト作りに専念できます。
ただ、どのようなキーワードを軸にしてサイトを作っていくのかは重要な事となります。
ロングテールSEOで成果を得たいのでしたら、どのようなニッチキーワードを利用すればいいのかについて調べていきましょう。
ニッチキーワードというのは、メインとなるキーワードではなく、そこそこ検索数はあるけどそのキーワードでSEO対策をしているサイトが少ないキーワードの事を言います。
その逆に、メジャーなキーワードと言うと、多くのユーザーが検索するようなキーワードで、代表的な物としては、「ダイエット」が挙げられます。
上位表示できれば多くのアクセスを集める事ができるのですが、上位表示させる事が難しく、競合が多いところを言います。
ロングテールSEOの場合は、このようなニッチキーワードを把握して利用する方法があります。
例えば、扇風機を探している人であれば、「扇風機」とだけ検索する人は多く居ても、ある程度どのような扇風機を買いたいかを決めている人は、他のキーワードも一緒に検索します。
「扇風機」意外には、「メーカー名」「型番」「値段」「店舗」などです。
このようなキーワードで検索される事は少なくても、検索する人は購入したいと考えている可能性が高いので、サイトから購入してくれる可能性が高くなるのです。
ロングテールSEOでは、このようなキーワードでサイトを作っていく事を目的としていますので、自然に購入率も高くなるのです。
ですから、ロングテールSEOを利用する場合は、自分のサイトに使われるキーワードしっかり選んでおくことが重要となります。

«
»